2010年11月19日 08時00分 公開
特集/連載

タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(前編)Android、iPhoneに求められるセキュリティ

セキュリティと管理上の観点から言えば、iPadのような新世代のタブレットはPCとは異なる扱いが必要だ。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 AppleのiPadのようなタブレットコンピュータは、セキュリティソリューションプロバイダーにとって味方なのか敵なのか。iPadの後を追って、あらゆるメーカーが薄型のマルチタッチタブレット(別名スレート)を発表しているようだ。職場におけるタブレットは新しいものではないが、この完全な新世代端末は、新たなセキュリティ上の課題とチャンスをもたらしている。

 セキュリティと管理上の観点から言えば、こうした新型のタブレットはスマートフォンのような扱いが必要だ。タブレット人気に乗りたいソリューションプロバイダーは、人気のスマートフォンOSとそのセキュリティアーキテクチャ、ネイティブセキュリティ機能、それに伴うビジネスリスクについて知っておく必要がある。

垂直市場からネットブックを締め出す電子書籍リーダーとタブレット

 外回り、医療従事者、飲食店従業員など現場で働く業種では以前からタブレットPCを使ってきた。そのほとんどはWindows XP Tablet PC Editionなどのデスクトップ向けOSを搭載し、耐久性を高めたタッチスクリーン式の端末だった。こうした旧式のタブレットは管理もセキュリティ対策もほかのノートPCとほとんど同じようにできたが、エンタープライズ人気に火が付くことはなかった。限られた業種での利用には理想的だが、あまりにやぼったく、起動が遅く、ふだん使いのコンピュータとしてはバッテリーに難があり過ぎた。

 そこで企業は別のフォームファクターの外回り用コンピュータに傾倒するようになった。それがNetbookだ。米調査会社DisplaySearchの調査によると、2010年1〜3月期にはNetbookとミニノートが世界のPC販売の18%以上を占めるまでになった。しかし2つの新しいフォームファクターがこのトレンドを打ち破る。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。