2007年06月26日 05時00分 公開
特集/連載

スマートフォン導入で生じる新たなセキュリティ問題Column

モバイルマルウェアの最初の大規模発生はもうすぐかもしれないし、数年後かもしれない。いずれにせよ、モバイルセキュリティのための戦略の検討を開始しなければならないのは当然のことだ。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 「Gartner Wireless and Mobile Summit 2007」に参加したアナリストたちは、モバイル・ワイヤレスセキュリティに取り組んでいる企業にとって恐ろしい予測を明らかにした。Gartnerのアナリスト、ジョン・ジラード氏によると、3分の2以上の企業が、モバイルユーザーが非セキュアなサービスに不適切に接続したり、悪質なアプリケーションをダウンロードしたりすることが原因でセキュリティ問題を経験する見込みだという。一方、同じくGartnerのアナリストであるジョン・ペスカトール氏は、2007年にはモバイルマルウェアが一般化し、2009年の前半までには、こういったマルウェアにより実際の業務に支障を来すようになると予測する。だが幸いなことに、これらの攻撃が利用すると思われる脆弱性の多くは特定・対処が可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。