2011年07月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

利用OSとアプリケーションに傾向も米調査が示す、数年で急加速する企業のモバイル導入率

米TechTargetの年次調査によると、一般消費者市場と同様に企業でもモバイル端末の利用が加速している。その推進力は「生産性」と「柔軟性」だ。

[Susan Fogarty,TechTarget]

 ガジェット好きの皆さんには朗報だ。われわれは皆、自分のクレジットカードやiTunesの個人アカウントの明細からモバイルの成長が進んでいることを実感している。だが米TechTargetが読者を対象に実施した年次調査では、さらに企業のIT部門が端末の面でもアプリケーションの面でも、かつてないほどにモバイルの成長を支えている現状が明らかとなった。調査回答者の57%近くは、「モバイル予算が前年比で増加した」と答えている。モバイルが景気後退の局面においても堅調を維持した数少ない分野の1つであったことを考えると、これはとりわけ大きな飛躍といえるだろう。

 モバイル製品の買い物リストで上位に入ったのは、タブレットPC、スマートフォン、モバイルセキュリティ製品などだ。ソフトウェアに関しては、CRMERP、会計アプリケーションなど、モバイル版ビジネスアプリケーションの購入を計画している回答者が最も多く、その後にセキュリティソリューションとモバイル管理ソフトウェアが続いている。

ITmedia マーケティング新着記事

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。