米国にまん延する「AIでセキュリティの課題は解決」論の危険性英国とドイツでは?

AIや機械学習が誇大に宣伝されたことにより、セキュリティ面でもAI万能論がまん延していることが分かった。誤った認識の帰結はリスクの増大だ。対する英国とドイツの認識、そしてAIについての理解度は?

2018年09月25日 08時00分 公開
[Warwick AshfordComputer Weekly]

 セキュリティ企業ESETの調査結果は、人工知能(AI)と機械学習の役割が誇大に宣伝されることでサイバーセキュリティのリスクが高まっていることを明らかにした。

 この調査は、米国、英国、ドイツの900人のIT意思決定者を対象に行われた。その結果、AIがサイバーセキュリティの全ての課題に対する答えになると考えているIT意思決定者が75%もいることが分かった。

 誇大宣伝はITチームに混乱を招き、企業がサイバー犯罪の被害を受けるリスクを高める恐れがある。AIや機械学習だけでは対策として不十分だとESETは指摘する。

 米国では回答者の82%がAIを確実な解決策と捉えている。

 回答者の多くは、AIと機械学習によって脅威の検出と対応が迅速になり(79%)、スキル不足を解消できる(77%)と考えている。

 ただし、米国とヨーロッパで差異が見られるのは興味深いとマルコ氏は話す。









ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...