主要ベンダーのクラウドストレージサービス総まとめ(MS、Google、IBM編)AWS対Azure対Google対IBM(後編)

主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。

2018年09月24日 08時00分 公開
[Antony AdsheadComputer Weekly]

 前編(Computer Weekly日本語版 9月5日号掲載)では、クラウドストレージサービスの概論とAmazonのサービスについて解説した。

 後編では、Microsoft、Google、IBMのサービスを紹介する。

Microsoft

 「Azure Blob Storage」は、Azureのオブジェクトストレージサービスだ。このサービスは、ブラウザやクライアントへのファイルサービス、音声と動画のストリーミング、バックアップ、アーカイブ、DR、分析(オンプレミスまたはAzureホスト型)を提供することを目的とする。

 Azure Blob Storageの考え方は、データを“BLOB”(訳注)で保持することだ。これにより、量に制限を設けずにコンテナ内部に保管できる。同様に、ユーザーのストレージアカウント内にも保持できる。URL、AzureのREST API、PowerShell、コマンドラインインタフェース(CLI)、Azureのクライアントライブラリを利用してアクセスできる。

訳注:バイナリデータを格納するデータ型。Binary Large Objectの略称とされるが、開発者は何の頭文字でもないと語っている。

 「Azure Files Storage」は、サーバメッセージブロック(SMB)、RESTインタフェース、Azureのストレージクライアントを利用してアクセスできる。複数のアプリケーションやVMからボリューム単位にアクセスできるようになっていて、Windows、Linux、Macなどのクライアントを問わず、URLを使ってどこからでもアクセスできる。「Active Directory」によるアクセス管理も予定されているが、まだ利用できない。本稿執筆時点では、Shared Access Signature(SAS)トークンを生成することで、指定した期間内であれば指定したファイルへのプライベートアクセスが許可される。

 「Azure Disk Storage」は、「Premium SSD」「Standard SSD」「Standard HDD」という3階層のパフォーマンスを用意している。どれを管理対象にし、どれを管理対象外にするかを選択できる。管理対象外のディスクの作成時は、管理とスケーリングをユーザーが行う。例えば、VMのパフォーマンスを制限しないように、ストレージアカウントの使用を定期的にチェックする必要がある。

 AzureのディスクはVM専用の仮想HDDで、他の場所からアクセスする必要のない永続データをVMに提供することを目的としている。

Google




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...