2019年02月20日 08時00分 公開
特集/連載

中小企業のクラウドストレージ導入(後編)中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト

クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。

[Chris Evans,Computer Weekly]

 前編(Computer Weekly日本語版1月23日号掲載)では、中小企業にとってのストレージ要件を整理した。

 後編では、セキュリティやデータ保護、コスト効率について解説する。

Computer Weekly日本語版 2月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

ファイルストレージのセキュリティとデータ保護

 クラウドベースのファイルストレージを利用することで新たな課題も生まれる。最も明白なのはセキュリティだ。

 データは暗号化して受け渡すことができるが、それだけでは不十分だ。クラウドプロバイダーとのローカルポイントツーポイントVPN接続への投資を考えるSMEもあるだろう。だが、コストと複雑さが加わる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。