2018年09月27日 08時00分 公開
特集/連載

コラボレーションツールの功罪(前編)コラボレーションツールは本当に生産性を向上させたのか?

メール増加の弊害から、各種コラボレーションツールの利用が広がった。だが、本当に生産性は向上したのか。コラボレーションツールが「第2のメール」になっているのではないか。

[Peter Ray Allison,Computer Weekly]

 コラボレーションツール「Slack」のユーザー数が1日当たり800万人を突破した。またチャットツール「Microsoft Teams」は20万社を超える企業が利用している。こうしたツールが人気を集めているが、本当に宣伝通りに生産性を上げているのだろうか。

Computer Weekly日本語版 9月19日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 電子メールの増加が英国労働者の生産性を下げていると報告されたのは2015年のことだ。電子メールへの依存度が高くなると、不要なメッセージの対応に追われて自身のプロジェクトに専念できなくなる。結果、企業の生産性が落ちるという論旨だった。

 それ以来、電子メールが人々の精神状態や社会福祉に与える影響についての研究が数多く実施され、「テクノストレス」という全く新しい心理学の分野も形成されている。

 「電子メールは最も有害だ」という観察結果を語るのは、マンチェスター大学の組織心理学教授のケイリー・クーパー氏だ。「電子メールは人々の私生活、社会生活、休日を阻害し、生産性に大きな影響を与える」

 電子メールがもたらす影響が叫ばれて以来、職場でコラボレーションツールの導入が増えるのを目の当たりにしてきた。企業はSlackや「Skype for Business」などのビジネスメッセージングアプリから、「GitHub」や「Asana」などのプロジェクトコラボレーションツールまで、たくさんのオンラインツールの中から好みのものを選べる。

 「自分の仕事人生において、オンラインコラボレーションツールが『何か新しいもの』から『極めて便利なもの』へと進化するのを見てきた」と語るのは、DuckDuckGoでソフトウェアエンジニアを務めるクリス・ブリンド氏だ。

情報過多

 こうしたツールにより電子メールの数は減っている。だが送信されるメッセージの全体数は減っていない。それどころか、複数のメッセージングアプリやコラボレーションアプリからメッセージが送信されるようになった。Clarizenで製品ディレクターを務めるデイビッド・ゴールデン氏は次のように語る。「今やさまざまなツールがメッセージを送信しているため、一つにまとめることが難しくなっている」

 Clarizenが2017年に発表したコラボレーションテクノロジーに関する調査結果で特筆すべきなのが、コミュニケーションを改善する措置を取っているにもかかわらず、プロジェクトの進捗(しんちょく)を常に把握したり管理監督したりする方法をいまだ持ち合わせていないと答えた回答者が81%もいたことだ。

 コラボレーションツールの目的は生産性の低下を回避することだが、不適切に使用すると図らずも生産性をさらに悪化させてしまう恐れがある。つまり、多くのチャネルからたくさんのメッセージが送信されると、仕事への集中力が大きくそがれる。

 Glass Onionの共同創設者であるイアン・アームストロング氏は次のように話す。「ソーシャルコラボレーションツールが原因で生産性が急激に低下しているのは間違いないと思う」

コラボレーションと知識の共有を可能に

 だがコラボレーションツールにもメリットはある。

続きはComputer Weekly日本語版 9月19日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 9月5日号 「Android分裂」か?

Computer Weekly日本語版 8月22日号 東京五輪でも活躍!? 5G最新動向

Computer Weekly日本語版 8月8日号 DockerとKubernetesのさらに先


ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。