2020年03月18日 05時00分 公開
特集/連載

VMwareが「コンテナ」市場でRed HatとDockerに引き離されている理由VMwareのコンテナ市場での戦い【前編】

仮想マシン(VM)に代わる技術として、コンテナが注目を集めている。VM技術ベンダーの大手VMwareは、なぜRed HatやDockerに対してコンテナ市場で後れを取っているのか。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

 アプリケーションの実行環境を仮想化する「コンテナ」の人気が集まっている。コンテナ市場は若くて将来性がある一方、勢力図はまだ流動的だ。調査会社Gartnerの報告によると、世界の企業のうちコンテナを利用してアプリケーションを運用している企業は2018年には30%未満だったが、2022年までには75%以上に拡大するという。

 利用拡大の要因はどこにあるのか。Gartnerのバイスプレジデント兼アナリストのアルン・チャンドラセカラン氏は「企業に必要なアジリティ(敏しょう性)」を挙げる。コンテナでアプリケーションを機能単位で細かく分割すれば、機能追加に必要な開発が小規模でよく、少しずつアプリケーションを改修しながら発展させられる。

 コンテナへの投資も増加している。調査会社IHS Markitが提供する、データセンター市場に関する調査「Data Center Compute Intelligence Service」によると、2023年までにコンテナソフトウェアの売上高は16億ドルに達し、2018年からの年平均成長率は30%になるという。

VMwareはなぜ出遅れたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...