2019年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

目的と場面で使い分ける仮想マシンとコンテナ 何が違い、どう使い分けるべきか?

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

[Clive Longbottom,TechTarget]
画像

 IT分野ではコンテナ管理ツール「Docker」の名前を耳にすることが増えた。選択肢として主流になったというには程遠いが、企業ではある程度の地位を獲得している。コンテナ技術の採用が増えている現状では、コンテナの導入を避け仮想マシン(VM)にこだわり続けることはできないかもしれない。

 簡単に言えば、Dockerはコードをパッケージ化してプロビジョニングするツールだ。これにより、システム内のさまざまな部分が移動可能になる。Dockerの仕組みは分かりづらいかもしれないが、企業のIT部門はさまざまな理由からDockerを利用している。アプリケーションのコンテナ化は、ハイブリッドクラウドの構築に最適で、柔軟性と応答性が高いIT環境を実現する。

 では、DockerとVMの利用目的は同じなのだろうか。同じ点もあるが異なる点もあるというのが答えだ。Dockerの運用はVMとは異なり、使用される場所に特徴がある。

VMとDokerの仕組みの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。