問題解決もお任せの「自己修復システム」【前編】
人の介入を不要にする「自己修復システム」とは? 何がすごいのか
企業は自動的に問題を検出して解決するシステムを構築すれば、運用の効率化を図れる。こうした「自己修復システム」は具体的にどのようなものなのか。(2021/10/19)

限られた予算で「HCI」を構築【後編】
「自作HCI」が「構築済みHCI」より“安い”とは言えないこれだけの理由
HCI導入を計画する際に十分な予算を確保できないときは、HCIを自前で構築することも選択肢になる。ただしその場合はメリットとデメリットを十分に踏まえておこう。落とし穴には注意が必要だ。(2021/9/17)

「Apple Configurator」の限界と代替策【後編】
Hexnode、Jamf、DigiDNA……iPhone、iPad管理ツールの“本命”はこれだ
Appleのモバイルデバイスの管理ツールには、「Apple Configurator」以外にも複数の選択肢がある。それぞれどのようなメリットがあるのか。IT担当者の負荷を減らし、効率の良い管理への道を開く最適解はどれなのか。(2021/8/31)

Computer Weekly日本語版
いまさら聞けないサーバレスの長所と短所
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/8/2)

Googleに聞く「Professional Cloud Architect」に合格するこつ【前編】
Googleのクラウド資格「Professional Cloud Architect」を取得すべき人とは?
Googleの「Professional Cloud Architect」はどのタイミングで受けるべきか。GCPの経験はどのくらい必要なのか。同資格の試験ガイドを執筆したGoogleの担当者に聞いた。(2021/6/24)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【後編】
“次世代「SD-WAN」”に欠かせない「AI技術」「5G」「クラウド」との関係
SD-WAN製品はITのさまざまな変化を受けて変わってきた。今後はどのような機能強化があるのだろうか。4つのポイントを紹介する。(2021/6/24)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【後編】
“脱NAS”とSAN導入を中堅・中小企業が考えたくなるタイミングとは?
現在利用中のシステムに「NAS」の性能が追い付かなくなってきたら、「SAN」への移行を検討するきっかけになる。中堅・中小企業がNASからSANへの移行を考える最適なタイミングを考察する。(2021/6/3)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】
AWS「CloudEndure」「Azure Site Recovery」の保護対象、料金、サポートの違い
大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
管理者が楽になるストレージ選定のポイント、管理インタフェースの注意点とは
IT製品の最優先事項は、何よりシンプルさと使いやすさだ。ストレージでいえば、そのスペックはもちろん、一般的なIT管理者にも使いやすい管理インタフェースの有無が重要になる。定番ストレージは、このニーズにどう対応しているのか。(2021/4/8)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

いまさら聞けないサーバレス入門【前編】
サーバレスが抱える「パフォーマンスを制御できない」問題
サーバレスには多くのメリットがある。だが幾つか認識しておくべき問題もある。パフォーマンスを制御できない(実行速度を予測できない)とはどういうことなのか。解決する方法はあるのか。(2021/2/8)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

GCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第1回】
「GCP」から「AWS」へアプリを移行させる方法は? IaaS移行4大ステップ
IaaSで稼働させているアプリケーションを、他ベンダーのIaaSに移行させるにはどうすればよいのか。「Google Cloud Platform」から「Amazon Web Services」への移行を例に、主なステップを紹介する。(2020/11/30)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
優れた耐障害性と俊敏性を兼備、自己管理型インテリジェントストレージの実力
多くの企業のIT部門はインフラ管理やトラブル対応に時間を割かれ、ミッションクリティカルなアプリケーションに対応できない状況だ。そこで注目したいのが、高い耐障害性とクラウドのアジリティを兼ね備えたストレージプラットフォームだ。(2021/8/2)

AWSの9大ネットワークサービス【中編】
いまさら聞けないAWSの「Amazon Route 53」「Amazon CloudFront」「AWS Direct Connect」の基礎
目的に応じた複数のネットワークサービスをそろえるAWS。その中から「Amazon Route 53」「Amazon CloudFront」「AWS Direct Connect」の3種のネットワークサービスを説明する。(2020/10/21)

ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【前編】
IKEAはプロプライエタリDBMSから「PostgreSQL」にどう乗り換えたのか
小売業大手のIKEAはオープンソースRDBMS「PostgreSQL」を活用している。数あるRDBMSの中からPostgreSQLを選択するに至ったプロセスと理由を担当者が語る。(2020/9/25)

プロビジョニングや運用はもう要らない
データベース絡みの悩みから解放するDBaaS(DataBase as a Service)
IT技術者はデータベースに関連する多くの要素に悩まされてきた。これらはDBaaSによって解決するという。DBaaSは本当に有用なのだろうか。(2020/9/17)

VMware 提供ホワイトペーパー
企業WANの課題を解決、俊敏性とパフォーマンスを高める「SD-WAN」の実力とは?
高額なリース回線(MPLS専用線)やブロードバンドインターネット、LTE接続が混在し、複雑化した企業WAN。その俊敏性とパフォーマンスの向上は極めて困難なタスクといえる。そこで課題解決の鍵となるのがSD-WANソリューションだ。(2020/9/18)

医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【前編】
いまさら聞けない、医療機関が「クラウドサービス」に移行する4つのメリット
医療機関がクラウドサービスにシステムを移行させるメリットには、どのようなものがあるのか。主要な4つのメリットを紹介する。(2020/6/17)

「HCI」や「IaC」との違いも整理
「コンポーザブルインフラ」とは何かを理解する7大基礎用語
「コンポーザブルインフラ」によってアプリケーションの実行環境の構築がどのように変わるのか。「HCI」「IaC」とは何が違うのか。それらを知るための基礎用語を解説する。(2020/5/14)

マルチクラウド管理ツールの選び方【後編】
マルチクラウド管理に役立つ「IaC」「Kubernetes管理」「CASB」とは?
マルチクラウドの運用管理に役立つ「マルチクラウド管理ツール」。コンテナを運用する場合、セキュリティを強化したい場合に向けてどのようなツールがあるかを見てみよう。(2020/4/28)

エッジ:データのフロンティア【後編】
スタバとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステム
エッジコンピューティングは既に現実的なソリューションだ。StarbucksとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステムがその一例だ。(2020/4/2)

「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】
クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?
パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。(2020/3/25)

「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【後編】
「Windows Virtual Desktop」の管理機能が持つ4つの制約
「Windows Virtual Desktop」は、管理面ではまだ完成度が足りない。本稿で取り上げる4つの機能は、CitrixやVMwareの製品ほど強力ではない。(2020/3/19)

新アプローチのストレージクラスメモリ
NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」
Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。(2020/3/19)

便利だがIT部門に新たな負担を強いることも
Windows 7は「Windows Virtual Desktop」で延命可能 その利点と“代償”とは?
2020年1月14日に延長サポートが終了した「Windows 7」。まだ完了していない場合、IT管理者が取れる対策は幾つかある。その一つがWindows 7の延命だが、考慮すべき点も少なくない。(2020/3/8)

柔軟なシステム構築を支える
「マイクロサービスアーキテクチャ」アプリ開発者が重視すべき3項目とは?
「マイクロサービスアーキテクチャ」に基づくアプリケーションを開発する際、重視すべきこととは何だろうか。主要な3つの項目を紹介する。(2020/2/20)

「MaaS」で広がる可能性【後編】
「MaaS」(Market as a Service)がSaaS開発者を楽にする理由と、2つの課題
アプリケーションをSaaS(Software as a Service)として開発、提供しやすくする「MaaS」(Market as a Service)の商用サービスが登場した。何を可能にし、どのような課題があるのか。(2020/2/13)

「MaaS」で広がる可能性【前編】
「MaaS」とは? SaaSを手軽に開発するための新たな選択肢
開発したアプリケーションをSaaS(Software as a Service)として提供する環境を整えることは簡単ではない。そのための場として利用できる「MaaS」(Market as a Service)とは何だろうか。(2020/2/5)

候補になるベンダーは?
“AI推し”のベンダーには要注意 「ネットワーク自動化」の失敗しない選び方
ネットワーク機器の導入や運用管理を効率化する「ネットワーク自動化」製品はなぜ必要なのか。どのような利点があるのか。製品検討時に着目すべきポイントは。こうした疑問を解き明かす。(2020/2/5)

活性化するベアメタルクラウド市場
Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?
Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。(2020/1/29)

コンポーザブルインフラ用語集
「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”
「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。(2020/1/22)

ただし導入には覚悟が必要
IPネットワークで高速共有ストレージを実現する「NVMe over TCP」
既存のネットワークインフラを使って高速アクセスを実現するNVMe over TCP。高性能と低コストを両立させた優れた選択肢だが、今導入するならちょっとした覚悟が必要だ。(2020/1/14)

採用時に確認すべきチュートリアル
「サーバレスアーキテクチャ」初心者ガイド まず検討すべき3大要素とは?
サーバレスアーキテクチャは開発チームに大きなメリットをもたらす一方で、採用の際には検討すべき要素が幾つかある。主要な3つの検討要素を紹介しよう。(2019/12/31)

「Wi-Fi 6」「5G」共存の可能性を探る【前編】
「Wi-Fi 6」と「5G」の類似点と相違点 使い分けのポイントは?
「Wi-Fi 6」と「5G」は組み合わせて使用できる可能性が高い。それを検討する上で、まずはそれぞれの利点を整理し、違いを把握しておくことが重要だ。(2019/12/11)

多くのタスクが自動化される
自律型データベースでデータベース管理者の仕事はどう変わる?
Oracleがさかんにアピールする自律型データベースにより、多くの管理タスクが自動化される。それはデータベース管理者の失業を意味するのか。それともデータベース管理者の進化の始まりなのか。(2019/11/27)

インフラ自動化のメリットを最大限引き出す
良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」
現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。(2019/11/14)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【後編】
「コンポーザブルインフラ」がAWSより優れている点と、期待される役割は?
コンポーザブルインフラはクラウドのような特性を持っているが、クラウドとは異なる。ソフトウェアベンダーがクラウドをやめてコンポーザブルインフラを採用した理由とは。(2019/11/7)

トレーニング不足や料金見積もりの失敗など
オンプレミスから「クラウドデータベース」への移行を失敗させる10大ミス
データベース管理システムをオンプレミスからクラウドへ移行するときに、IT部門が犯しがちなミスがある。移行の失敗につながりかねない、主要な10個のミスを紹介する。(2019/11/6)

Computer Weekly製品ガイド
共有ストレージではなくHCIを選ぶべき理由
HCIはストレージ共有よりも優れた選択肢になり得るのか。どんな組織がどのような規模で導入した場合に最大の恩恵を受けられるのか。(2019/11/6)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【中編】
「コンポーザブルインフラ」はHCIやコンバージドインフラと何が違うのか
既に複数のベンダーが「コンポーザブルインフラ」を市場に投入している。「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンバージドインフラ」と何が違うのだろうか。(2019/11/1)

自動化するにしても、人的リソースは必要
「Infrastructure as Code」の速さはもろ刃の剣、便利さの影にあるリスクとは
「Infrastructure as Code」によってデータセンターは大きく変わる可能性がある。だが運用上の混乱を避けるためには、徹底的にドキュメントを残しテスト環境を確保する必要がある。(2019/10/31)

オープンソース技術や他社のクラウドも利用可能
SAP製品にベストマッチのクラウドはAWSか、Azureか、それとも……
企業はSAPソフトウェアの運用環境に、SAPの「SAP HANA Enterprise Cloud」の他、AWSやAzureといったパブリッククラウドを選ぶことができる。それぞれのメリットとデメリット、選定のポイントを説明する。(2019/10/2)

「こんなはずではなかった」になる前に
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に多い6つの失敗
多くの企業が課題解決を期待してハイパーコンバージドインフラを導入する。だが、考慮すべき点をわずかに見落としただけで、無残な結果をもたらす。失敗を避けるには、以下の6つの事項を検討すべきだ。(2019/9/30)

Computer Weekly製品ガイド
IT管理者によるWindows Updateの制御方法
クラウドサービスのおかげで、Windows 10を常に最新の状態に保つという管理者にとっての重要な仕事がやりやすくなった。(2019/9/27)

SD-WAN導入事例
SD-WANだから実現した「世界中で均質なサービス展開」
複数カ国でサービスを展開する際に課題になるのは、レイテンシや地域ごとに異なるプロバイダーを使わざるを得ない複雑性だ。SD-WANによってこれらを解決した事例を紹介する。(2019/9/26)

ユニファイドコミュニケーション新時代【後編】
UCaaS導入の成否を分ける3つの導入形態とその長所/短所
UCaaSの新規導入あるいは旧来のUCからの移行に際してまずやるべきことは、UCaaSの3つの導入形態を選択することだ。「こんなはずではなかった」を防ぐには、それぞれの長所と短所を理解する必要がある。(2019/9/18)

自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【前編】
Windows 8を管理するかどうかが鍵に? 「UEM」製品を見極める3つのポイント
2020年1月の「Windows 7」延長サポート終了に備える上で、「Windows 10」への移行を支援できる適切な「統合エンドポイント管理」(UEM)製品の導入は大きな助けとなる。製品選定のポイントを解説する。(2019/9/12)

3つの実践方法を紹介
「クラウドバースト」とは? オンプレミスの過剰な負荷をクラウドに分散
「クラウドバースト」はアプリケーションの運用の一部をクラウドに拡張する方法だ。どのような運用方法があるのか。主要な手法と必要なツールを紹介する。(2019/9/11)

必要なスキルはどう変わるのか
5G時代には「コマンドライン」でのネットワーク管理スキルは無駄になる?
5Gはセキュリティ、アプライアンス、ソフトウェアなどネットワーク分野に広く影響し、ネットワーク管理者に求められるスキルを変える可能性がある。それを認識できているだろうか。(2019/8/19)