シンガポールの銀行大手は「内製ポータルサイト」で開発をどう変えるのか?銀行のイノベーションとシステム開発事例【前編】

東南アジアの銀行大手DBS Bankは、内製したポータルサイトを用いて開発の生産性向上を図る。このポータルサイトは、具体的にどのような機能を持つのか。

2023年06月28日 07時15分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

開発ツール | 金融 | 統合開発ツール


 シンガポールに拠点を構える東南アジアの銀行大手DBS Bankは、技術を駆使する先進的な銀行だ。同行は技術を用いたビジネス革新に取り組み、システムの運用方法を絶えず見直して業務自動化を進め、経営資源や人材を最適化している。

 DBS Bankの開発者やエンジニアは2018年以来、同行のDevOpsチームが開発したサービスポータルサイト「DBS Technology Marketplace」を用いて、システム開発の生産性向上を図る。このポータルサイトは、具体的にどのような機能を持つのか。

内製ポータルサイトで何を実現?

 開発者はDBS Technology Marketplaceを使用して、コンピューティングやストレージ、ネットワーク、仮想マシン(VM)などのインフラや、データベース、ミドルウェア、ビッグデータ分析、セキュリティなどの自動プロビジョニングができる。これらの稼働状況は1画面にまとめたダッシュボードで視覚化可能で、ユーザーは稼働状況や運用状況を一度に把握できる。これにより、システムの透明性確保につながる。

 DBS Technology Marketplaceは年々進化を遂げている。初代のDBS Technology Marketplaceは、サーバの自動構築サービスを含むIaaS(Infrastructure as a Service)を提供していた。2020年に提供を開始した「DBS Technology Marketplace 2.0」は、運用管理自動化といったPaaS(Platform as a Service)機能を持つ。これは、アプリケーションの開発や実行に必要なインフラや技術を利用しやすくして、開発プロセスを簡素化するミドルウェアに当たる。

 2022年から提供している「DBS Technology Marketplace 3.0」は、XaaS(Everything as a Service)機能を持つ。これはソフトウェアなどさまざまな機能をネットワーク経由で提供するサービスだ。DBS Bankのアプリケーション開発チームは、クラウドネイティブアプリケーション(クラウドサービスで運用することを想定したアプリケーション)を導入する際の工数を削減できるようになった。


 中編以降は、DBS Technology Marketplaceの機能や効果の詳細を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...