銀行のCXでは「エンジニア」が大活躍の訳 顧客応対からのキャリア転換例も銀行が取り組む「CX」【後編】

オーストラリアの銀行CommBankは「CX」(顧客体験価値)強化に取り組む。その中心を担うのが、同行のエンジニアリングチームだ。

2023年03月29日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 オーストラリアの銀行Commonwealth Bank(CommBank)は、デジタルの「CX」(顧客体験価値)強化に力を入れる。その中心を担うのは、同行のエンジニアリングチームだ。

エンジニアの能力開発を推進

 CommBankで最高デジタル責任者(CDO)を務めるフレデリク・リンドストローム氏は、「当行では優れた人材確保に多額の投資をする他、エンジニアの昇進や能力開発に注力している」と話す。同行はオーストラリア国内とインドからエンジニアを複数人迎え入れた他、エンジニアリング関連のトレーニングを重点的に実施。幹部レベルも対象とした全行員の能力開発に力を入れる。中には、顧客応対の職務から、データ分析のリーダー職務に転身した行員もいるという。

 重要なのは、CommBankのエンジニアリングチームに、顧客が抱える問題を解決する権限を与えていることだ。指示を待ち、定型的な業務を実施するのとは真逆の姿勢を求めている。その結果エンジニアたちの目的意識が高まり、CommBankの行員のエンゲージメント(組織との信頼関係)も向上しているとリンドストローム氏は話す。

 「エンジニアに権限を与えることで、従来は見過ごしていた人材や技術の潜在能力を引き出し、生かせるようになった」(リンドストローム氏)

 CommBankでデジタルバンキング担当の統括マネジャーを務めるサム・マクレイグ氏によれば、同行はエンジニアリングチームがCX分野の成果を上げることに専念できるよう、チームへの投資も実施している。その結果、同行が実践するCXの取り組みは利益を生み出しているという。

 「市場には従来とは異なる競合相手がおり、状況は変化している。どの銀行も、CX分野の支配権を握り、顧客にとっての唯一の選択肢になろうとしている」(マクレイグ氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。