2022年03月31日 10時00分 公開
特集/連載

“エンジニア型CIO”から今すぐ脱却を DXを成功させるCIOの条件CIOはDXをけん引するパイロット【後編】

DX推進を成功させるためには、CIO(最高情報責任者)にはどのような能力や考え方が必要になるのか。調査結果を基に探る。

[Sanjay Srivastava,TechTarget]

関連キーワード

CIO


 デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、その言葉が示すように「デジタルによる革新」と「ビジネス変革の推進」の2つを意味する。つまりDXを成功させるためには、CIO(最高情報責任者)は技術を使いこなすだけでなく、ビジネスの変革に関する理解と、変革に向けて組織を導く「チェンジマネジメント」にも秀でていなければならない。

他にもある「DX時代のCIOに必要な条件」

 ITによる革新を目指す上では、新しいツールの導入が有効だ。クラウドサービス、ビッグデータ、人工知能(AI)技術は、ビジネス価値を高めるための有力なツールとなる。DX支援を手掛けるグローバルサービス企業のGenpactが2021年5月に公開した調査報告書「Pilots, co-pilots, and engineers――Digital transformation insights from CIOs for CIOs」によれば、「機長」(事業の中核的な機能のDXを積極的に推進する役割)に分類されたCIOの過半数が、データから意味のある知識を収集するために、既に機械学習を重要視していた。この調査報告書は、世界のCIOとテクノロジーリーダー500人を対象に実施した調査結果に基づく。

 ビジネス変革が最も効果を発揮するのは、CIO自身が作りたい「新しい体験」から着手し、技術、人材、プロセス、データを見直して、業務の進め方を端々まで変えていくときだ。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を制度化して社内に浸透させる中で、チームがどのようにコラボレーションするかを理解し、企業が成長するための文化的変化を生み出す必要もある。

 CIOは従業員と顧客とを結び付ける極めて重要な役割を担っている。調査報告書によれば、機長型CIOの40%が、製品やサービスの利用におけるカスタマーエクスペリエンス(CX:顧客経験価値)に対する説明責任をCIOが担っていると考えていた。一方「エンジニア」(DXを軌道に乗せる役割)型CIOの場合は22%の割合にとどまっていた。

 グローバル保険会社Liberty Mutual Insuranceにおける、エグゼクティブバイスプレジデント兼グローバルリスクソリューション部門CIOのジョン・へペラン氏は「私たちは顧客に、物理的な製品ではなく“約束”を売っている」と調査報告書の中で述べている。「私たちは、何か問題があったら必ず解決することを顧客に約束している」とへペラン氏は強調。「私の役割は、その約束を果たすために技術を最も効果的に活用することだ」と説明する。

 CIOの役割とCEOとの関係が変化し、新しいITツールが急速な発達している。こうした中、CIOは「DXにおけるエンジニア」の役割にとどまるのではなく、DXにおける機長や「副操縦士」(ビジネスリーダーと協力しながらDXを形にして、企業全体の変革を実現する役割)を目指して進化するのが望ましい。そうして最高幹部(CxO)間の連携とイノベーションの促進に注力するようになれば、新しいビジネスモデルを導く企業の共同創業者になれる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...