DXにかかわるCIOの3タイプ「機長」「副操縦士」「エンジニア」とは?CIOはDXをけん引するパイロット【前編】

米国のある調査によれば、CIO(最高情報責任者)がDXを推進する際の役割は「機長」「副操縦士」「エンジニア」のいずれかに分類できるという。それはどういうものなのか。

2022年03月30日 10時00分 公開
[Sanjay SrivastavaTechTarget]

関連キーワード

CIO


 企業におけるCIO(最高情報責任者)の役割は、「戦略的価値を提供するリーダー」から「新しいビジネスの共同創業者」へと進化してきた。これにより企業の最高幹部(CxO)間の連携が強まり、CIOがデジタルトランスフォーメーション(DX)の最前線に立つことが珍しくなくなっている。

DX時代のCIO 「機長」「副操縦士」「エンジニア」とは?

 このような変化は全業界のCIOに共通する。ライフサイエンス企業は開発サイクルを劇的に加速させ、消費財を扱う企業は消費者へのD2C(Direct to Consumer)モデルを再構築し、小売業はサプライチェーンを整理して店舗の在り方を見直すなど、さまざまな事例がある。

 DX支援を手掛けるグローバルサービス企業のGenpactが、世界のCIOとテクノロジーリーダー500人を対象に実施した調査結果からも、この変化の動向は確認できる。同社はこの調査をCIOコミュニティーのMIT Sloan CIO Symposiumと共同で実施し、2021年5月公開の報告書「Pilots, co-pilots, and engineers――Digital transformation insights from CIOs for CIOs」にまとめている。

 この調査報告書の内容によれば、CIOの22%は「機長」の役割を担い、事業の中核的な機能のDXを積極的に推進していた。CIOの61%は「副操縦士」として、ビジネスリーダーと協力しながらDXを形にして、企業全体の変革を実現。残り17%のCIOは、DXを軌道に乗せる「エンジニア」の位置付けだった。

 新たな価値創造のためには、CIOがCEOの意思決定のための議論に加わる必要があることが明らかになっている。実際に、今回の共同調査に回答した83%のCIO(機長と副操縦士の合計)はDXにおける戦略の意志決定を担っている。


 後編は同調査のデータを基に、DX時代のCIOに必要な条件について考察する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...