2022年02月15日 05時00分 公開
特集/連載

“指示待ちCIO”“優秀な問題解決CIO”では不十分な理由と、CIOが成長する方法CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【後編】

CEOの戦略的パートナーの地位を得るためにCIOができることは幾つかある。新たな脅威を見極め対処したり、未来のビジネスへの道筋を作ったりすることが、その一例だ。具体的にどのように取り組めばよいかを紹介する。

[Pam Baker,TechTarget]

関連キーワード

CIO | CEO


 前編「CIOがコロナ禍で『頼れる戦略的技術アドバイザー』の地位を築くヒント」、中編「“生き残りに必死なCIO”が“成長を導くCIO”に生まれ変わるには」に続き、最高情報責任者(CIO)が、最高経営責任者(CEO)の戦略的ビジネスパートナーになるための重要な心構えと取り組みを紹介する。

手順4.新たなリスクを迅速に見極め対処する

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、あらゆる種類の企業に変化と新しいリスクをもたらした。サイバー攻撃をはじめとする脅威を避けながら、企業を安全に運営できるかどうかはCIO次第だ。それはパンデミックの前も後も変わらない。とはいえCIOは変化と新しいリスクの両方に先手を打つ必要がある。

 例えば従業員がテレワークに移行し始めた頃、セキュリティ対策が課題として挙がった。今後従業員がオフィスに戻ったり、オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドな働き方になったりすると、別の課題が生まれる可能性がある。自身を戦略的ビジネスパートナーとしてCEOに印象付けたいCIOは、新たなリスクにも目を向ける必要があることをよく理解している。

 セキュリティソフトウェアベンダーNetskopeで最高デジタル情報責任者を務めるマイク・アンダーソン氏は「現在のCIOにとっての課題は、同じリスクを繰り返さずにイノベーションを続けることだ」と話す。アンダーソン氏は、米国で問題視されている「大量離職」(the Great Resignation)に起因する新たな内部脅威にも「先回りして対処する必要がある」と考えている。

手順5.未来のビジネスへの道筋を作る

 CIOがリーダーであり続けるには、“優秀な問題解決者”という存在にとどまってはならない。

 「CIOの役目は、CEOが企業の将来のビジョンを再構築する手助けをするだけではない」とコンサルティング会社PricewaterhouseCoopers(PwC)でクラウドおよびデジタルマネージングパートナーを務めるダン・プリースト氏は話す。CEOが未来のビジネスを実現するための確実な方法として、CIOは技術に合わせて調整したビジネスの提供方法や、価値の実現に向けた戦略策定の支援をするのが理想の姿だ。

手順6.行動する前に許可を待たない

 CIOがCEOの戦略的パートナーになるなら、先を見越し、勇気を持って動くことで自分を印象付けなければならない。CIOは、次の指示を座して待つべきではない。

 コンサルティング会社Aviv Ben-Yosef Consultingでテックエグゼクティブコンサルタントおよびコーチを務めるアビブ・ベンヨセフ氏は、「CIOは意思決定プロセスの上流に立たなければならない」と話す。CIOはロードマップを手渡されるまで待つのではなく、適切な会議に早めに関与すべきだとベンヨセフ氏は説明する。

 戦略的パートナーになることは、ビジネスの主導権を握ることを意味する。戦略策定会議に参加したら、「遠慮なく意見を述べる必要がある」とベンヨセフ氏はアドバイスを送る。ITは単なる道具ではない。ビジネスを成功に導くものだ。

 「自社に何ができるのか」「ロードマップに盛り込むと、自社の能力を最大限に発揮できるものは何か」を経営幹部が理解できるよう手助けすることが、CIOの重要な役割だとベンヨセフ氏は話す。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...