2022年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

CIOがコロナ禍で「頼れる戦略的技術アドバイザー」の地位を築くヒントCIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【前編】

パンデミックはテレワーク導入を後押しし、プロジェクトを主導したCIOの発言力を強めるきっかけにもなった。この経験を通じて積み重ねた信頼を維持し、CIOがCEOの戦略的技術アドバイザーになるには。

[Pam Baker,TechTarget]

関連キーワード

CIO | CEO


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)後に、テレワーク関連製品をはじめとするIT導入の機運が高まった。このことは最高情報責任者(CIO)に影響力と発言力をもたらすきっかけにもなった。パンデミックの間に主導したプロジェクトの実績や信頼関係を生かし、CIOが最高経営責任者(CEO)に重要な技術のアドバイスを提供する「戦略的パートナー」になるには、どのような心構えと取り組みが必要だろうか。

取り組み1.CIOが持つ役割の変化を理解する

 従業員のテレワークを実現するという点で、ITは企業がパンデミックに適応するのに重要な役割を果たした。同様に、CIOの存在も重要な鍵だった。

 コンサルティング会社Deloitte Consultingで政府公共サービス部門の最高技術責任者(CTO)を務めるスコット・バックホルツ氏は「パンデミックがCIOやIT部門を英雄の座に押し上げたのは間違いない。なぜならCIOとIT部門が主導したテレワーク移行作業は、どのような規模の組織でもほんの数日しか、かからなかったからだ」と語る。

 CIOが「英雄としての影響力」を保ち続けるには、自身の役割を理解し、CEOの協力を得ながらその役割を共創する方法を理解する必要がある。

 「現代のCIOは、CEOのアドバイザーとしての役割を担っている」と語るのはコンサルティング会社PricewaterhouseCoopers(PwC)でクラウドおよびデジタルマネージングパートナーを務めるダン・プリースト氏だ。同氏によればCIOは、企業にとってのITの役割を「企業のビジネスを支援する一つの手段」から「ビジネス戦略の中核」に変えられるかどうかを左右する存在となる。

 この2つにはどのような違いがあるのだろうか。

 ITが「ビジネスを実現するための一つの手段」だと見なされているとき、経営戦略を決めるのはビジネスリーダーだ。「こうした状況では、ITは手段とサポートの役割として見てもらえはするが、それ以上は期待されない」とプリースト氏は説明する。

 一方で、ITがビジネス戦略の中核を担うようになると、CIOはCEOと同じ議論のテーブルに着くことになる。そしてデータや技術、クラウド活用を戦略の中核に据え、新しいビジネスモデルや働き方の定義を共に考える。「ビジネスありきで後付けのIT活用との違いは、これだ」(プリースト氏)


 中編は「『生き残り』モードから『成長モード』に切り替える」「理想と現実のバランスを取る」の2つを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...

news181.jpg

Wi-Fiプローブデータを活用した屋内DOOHのインプレッション計測モデル、シスコとLIVE BOARDが共同開発
カメラを設置することなく、より安価でシームレスな計測が可能に。