「PCの理想はハイスペック」という“神話”はもう時代遅れ?ハイブリッドワークと業務用PC【後編】

優秀な人材を獲得するためにはハイスペックなPCを用意することが欠かせないという考え方があるが、企業はこの神話を安易に信じるべきではない。その理由を説明する。

2023年06月28日 05時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 PCの買い替えを検討するユーザーへ売り込みをする際、PC業界はしばしば次のような神話を引き合いに出す。「優秀な人材を引き付けるためには、ハイスペックのPCを提供する必要がある」というものだ。果たしてこれは正しいと言えるのか。

「ハイスペックPC」は本当に必要なのか?

 最新のPCは機能もデザインも洗練されているが、目を疑うような価格だ。一方、景気に目を向けてみると、電気料金が値上がりしている他、待遇改善を訴える看護師がストライキを起こすなど、経済的に厳しい状況が続いている。

 このような背景を踏まえると、「優秀な人材の確保や定着に役立つから」という理由だけでPCの買い替えを正当化する傾向は、見直す必要がある。最新のPCを手渡された瞬間は誰でも高揚感を覚えるが、仕事で使ううちにその熱は冷めてしまう。

 ほとんどの企業にとってPCはアプリケーションを利用するための端末に過ぎない。企業はPCに搭載するアプリケーションやストレージをセキュリティなどの理由によって最小限に抑える傾向にあり、必ずしも高スペックのPCを必要としていない。必要最小限のスペックと機能を備えた「シンクライアント」の端末を選ぶ企業もある。

 ハイブリッドワーク(オフィスワークとテレワークの組み合わせ)制度を採用する企業にとって、アフターコロナ時代はPC利用に異なるアプローチを取り入れる絶好の機会だと言える。PCを買い替えるのではなく、クラウドサービス型の「仮想デスクトップ」を利用することが理にかなった選択になる可能性がある。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...