Appleが「Mac」「iPhone」用に突如公開した“異例の更新プログラム”とは?Appleの謎のセキュリティアップデート【前編】

2023年5月、Appleは「Mac」や「iPhone」のセキュリティを強化するという更新プログラムを公開したが、詳細は不明だ。現時点で分かっていることを整理しよう。

2023年06月27日 07時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

Apple | 脆弱性 | セキュリティ


 Appleは2023年5月2日(米国時間)、「緊急セキュリティ対応」(Rapid Security Responses)と題した更新プログラムを公開した。緊急セキュリティ対応は「iPhone」「iPad」「Mac」のセキュリティを強化するという。しかし具体的な中身についてはほとんど情報がないため、Apple製品ユーザーの間には混乱が生じている。“謎のアップデート”に関して、何が判明しているのか。

緊急セキュリティ対応で何が良くなるのか

 Appleによると、緊急セキュリティ対応はWebブラウザ「Safari」や、Webサイトを表示させるためのレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱(ぜいじゃく)性を修正するものだ。緊急セキュリティ対応の対象となるOSを以下に示す。

  • 「iOS」のバージョン「16.4.1」以降
  • 「iPadOS」のバージョン「16.4.1」以降
  • 「macOS」のバージョン「13.3.1」以降

 「緊急セキュリティ対応は、ユーザーが意図的に無効にしない限り、自動的に適用される」とAppleは説明する。デバイスに更新プログラムが適用されると、例えば「iOS 16.4.1(a)」といった具合に、OSのバージョンの後に文字が添えられる。


 中編は、今回の更新プログラムをセキュリティ専門家はどうみているのかを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...