「コンポーザブルERP」の最低限押さえておくべきメリットとデメリット「コンポーザブルERP」とは何か【前編】

ビジネスの成果を最大化したい企業にとって、「コンポーザブルERP」は賢い選択肢になるのか。そのメリットとデメリットを解説する。

2023年06月26日 07時15分 公開
[Emmanuelle HoseTechTarget]

関連キーワード

ERP | 基幹システム


 既存のシステムに振り回されるのではなく、自社で技術を使いこなし、ビジネスの成果を出したいと考える企業にとって、「コンポーザブルERP」(ERP:統合基幹業務システム)が魅力的な選択肢になり得るのはなぜなのか。コンポーザブルERPとは、企業が目的に合わせてさまざまな機能を組み合わせるERPだ。そのメリットやデメリットを紹介する。

これだけは押さえておくべき「コンポーザブルERP」のメリットとデメリット

 各ERPベンダーは、システムのモダナイゼーション(最新化)に役立つSaaS(Software as a Service)型ERPを提供している。クラウドサービスであるため導入しやすくなっていることは利点だが、機能の追加や仕様変更が難しいモノリシック(一枚岩)なプランしかない場合がよくある。

 そこで企業の選択肢になり得るのが、コンポーザブルERPだ。予測不可能な時代において、企業はニーズに俊敏に適応できるシステムを必要としている。コンポーザブルERPはその要件を満たすことができる。企業はコンポーザブルERPを活用することで、ベンダーロックインからの脱却や、ビジネスの成果創出を期待できる。

 コンポーザブルERPにはさまざまなメリットがある一方で、導入や運用の手間が複雑になりやすいというデメリットもある。そこで必要になるのが、それぞれの企業のニーズに応じてパーソナライズした、ベンダーからのサポートだ。サポートをうまく取り入れることで、企業はコンポーザブルERP導入の負担を軽減できる。


 中編は、コンポーザブルERPを検討する企業には、ある選択が必要になる状況を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...