現代のITインフラ運用が大変になった“端的な理由”ITインフラ運用が楽になる4つの方策【前編】

ITインフラの複雑化やデータ量の増大など、企業の運用担当者はさまざまな課題に直面している。この傾向は企業が「どこからでも」仕事ができる体制を目指しているため、ますます加速している。

2023年06月26日 07時15分 公開
[Padraig ByrneTechTarget]

 企業でITインフラと運用(I&O:Infrastructure and Operations)を担当する部門にとって、自社のITシステムの管理は難しくなる一方だ。特に、レガシーなITインフラと、現代的なアーキテクチャのITインフラを両方とも維持することは難題だ。しかも、I&O部門にとっての課題はこれだけではない。

現代のITインフラ運用者が置かれている状況とは

 企業が扱うデータやITインフラの規模は拡大している。それに伴い、企業はテレメトリーデータ(監視や分析のために収集する、システム稼働状況に関するデータ)の監視を強化しなくてはならない。

 データからビジネスに有用な洞察を収集するために、自動化や、機械学習などの人工知能(AI)技術を利用することも求められている。

 それに加えて、企業は従業員がどこからで仕事ができる仕組みを構築する「Anywhere Operations」を目指すようになった。これらの要因で、ITインフラの運用管理はますます複雑になっている。企業のI&O部門は、新しい技術を使ったイノベーションと、サービスの改善を両立させるという重圧にさらされている。


 中編は、I&O部門が取り組むべき方策4点のうち2点を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。