アプリケーションパフォーマンス監視(APM)に「AI」がなぜ必要か?人工知能で広がる「APM」の可能性【前編】

企業のビジネスを陰で支える「アプリケーションパフォーマンス監視」(APM)。APMツールに、人工知能(AI)技術を取り入れる動きがある。なぜAI技術が必要なのか。AI技術で何がどう変わるのか。

2022年10月06日 05時00分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

 「アプリケーションパフォーマンス監視」(APM)の仕組みを見直し、運用データを有効に活用するには、戦略的なアプローチが必要だ。APMベンダーは機械学習などの人工知能(AI)技術や自動化を採用することで、高可用性の確保や定期的な更新といったアプリケーションの要求に応えようとしている。

だから「APM」には「AI」が必要

 従来のAPMツールは、ソースコードの実行を監視して問題を知らせることに特化してきた。一方でアプリケーションは数百万行のソースコードで構成されるなど、複雑化することが珍しくなくなった。オープンソースソフトウェア(OSS)や複数のクラウドサービスで構成される昨今のアプリケーションは、エラーの原因を特定することが難しくなっている。

 アプリケーションが稼働するインフラは、オンプレミスインフラとクラウドサービスが混在したハイブリッドクラウドに変わりつつある。こうした動きを受け、従来のAPMツールは通用しなくなってきた。企業はアプリケーションの挙動に影響を与える幅広いコンポーネントに加え、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を含むハイブリッドなシステム構成を管理する必要がある。従来のAPMツールには、こうしたシステム全体の可視化に必要な要素が欠けている。

 企業の間ではアプリケーションにおける問題の発生を抑止するために、開発や運用にAI技術を採用する動きが広がっている。AI技術の活用には膨大な量のデータを分析することが重要だ。AI技術を活用したAPMツールは、リアルタイムにデータを分析し、問題の発生を予測して予防できるように設計されている。AI技術は自動化されたデータ分析によって可視性を高め、データの相互依存関係をマッピングすることで問題を迅速に検出し、修復する。

 最新のアプリケーションはAI技術なしには全体の可視化がほぼ不可能な場合がある。膨大なデータを読み込んで重要なパターンを特定することは、人間には到底できない。企業はAI技術を使ったAPMツールを導入することにより、いち早く異常を発見し、応答の遅延といったパフォーマンスの問題を迅速に解決できる。複数のソースからのデータを自動的に相関付けて分析し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることも可能になる。


 中編は、APMにAI技術を取り入れることによるさまざまなメリットを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。