2018年12月18日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けないSAPのERP 5大製品の特徴と最新動向をおさらい大企業向けから中小企業向けまで(1/2 ページ)

SAPが提供する5つの主要な製品である「SAP ERP」「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP Business One」「SAP Business ByDesign」について、北米の最新事情から製品の概要や特徴を紹介する。

[Mary E. Shacklett,TechTarget]

関連キーワード

SAP| SAP HANA | ERP


 SAPは、業界や業種、ITアーキテクチャを問わず、あらゆる規模の企業が採用できる充実したERPシステムを提供している。そこに含まれるERP製品はさまざまな企業をターゲットにしている。そのターゲットには、ERPシステムをオンプレミスで運用しようとする大企業もあれば、クラウドへの移行によってレガシーシステムをモダナイズし、他のソフトウェアパッケージの統合を目指す企業もある。初めてERPシステムを導入するユーザー企業が多いが、クラウドベースのERPシステムの導入を考える小規模企業もターゲットだ。少しずつモジュールを拡大しようとする中小企業も同様だ。

 製品の選択肢は非常に多い。そのため、SAP ERPシステムの導入を検討する企業は、ERPに対するニーズと予算を評価することが重要になる。サービスやサポート以外に、既存のITアーキテクチャも大切な検討事項だ。サービスやサポートは、ソフトウェアの導入時にしか必要としない企業もあれば、継続的に求める企業もある。自社のニーズによっては、インフラを完全に刷新する必要がない場合もある。というのも、SAPは同社のERPサービスをパブリッククラウドで運用できるよう拡大に努めているためだ。具体的には「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのパブリッククラウドで運用可能だ。事実、SAPはこの両クラウドプラットフォームベンダーとのパートナーシップを発表している。

 SAPは、主力のオンプレミスシステム向けSAP ERPに加え、「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP Business One」「SAP Business ByDesign」という5つの主要ERP製品を提供している。

 補足すると、SAPのERP製品を評価する場合、同社の製品ブランド戦略は分かりづらい可能性がある。例えば、SAPのマーケティング資料で「クラウドERP」に触れている。これは幅広い意味を持つ用語で、その対象にはSAP S/4HANA Cloud、SAP Business ByDesign、SAP Business Oneのクラウド導入のように、複数の製品が含まれる。

SAP ERP

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...