コーヒー事業を手掛けるUCCが「Oracle」を採用 その決め手とは?NEWS

コーヒー関連事業を手掛けるUCCは、Oracleが提供するアプリケーショスイートを採用した。その狙いや、導入の決め手は何だったのか。

2023年04月27日 05時00分 公開
[浅井涼TechTargetジャパン]

関連キーワード

クラウドERP | ERP | Oracle(オラクル)


 日本オラクルは4月13日、コーヒー関連事業を手掛けるUCCグループの経営を担うUCCホールディングス(以下、UCC)が、OracleのSaaS(Software as a Service)型アプリケーションスイート「Oracle Fusion Cloud Applications Suite」を採用したと発表した。導入の背景や、決め手は何か。

UCCが「Oracle」を選んだ決め手とは?

 コーヒーの原料調達から加工、販売まで、バリューチェーン全体を手掛けるUCCグループにとって、コーヒーを取り巻く気象条件の変化や、グローバルな需要の変化に対処できるよう備えることは必須だった。そのため、アプリケーションごとに散在するデータを一元化し、需給計画や在庫管理の効率化を進める必要があった。

 UCCは複数のツールを比較し、クラウド型ERP(統合業務)システム「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning」(Oracle Cloud ERP)とその製品群である「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management」(Oracle Cloud EPM)、「Oracle Fusion Cloud Supply Chain & Manufacturing」(Oracle Cloud SCM)を採用。需給や製造、在庫、出荷などのサプライチェーンデータの一元化と可視化に活用する。

 Oracle製品の選定に当たって、UCCは特に以下の点を評価した。

  • Oracleが提供するクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)でSaaSアプリケーションを構築できる点
  • 業務領域や拠点ごとにシステム導入や拡張ができ、ビジネスの変化に対処しやすい点
  • ビジネスプロセス全体を横断した業務の連携や、データの一元化を実現できる点

 UCCで執行役員兼CISO(グループ最高情報セキュリティ責任者)を務める黒澤俊夫氏は、今回のOracle製品の採用について「OCIと既存システムとの連携面や、ERPのグローバル提供実績、国内外の工場再編成にも対処できる柔軟性を評価した」と述べる。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。