2018年01月18日 08時00分 公開
特集/連載

DNSの設定を変更するだけ不正なサイトをブロックする無償のDNSサービス「Quad9」

「Quad9」は、IBM Security、PCH、GCAなどが共同で提供する無償のDNSサービスだ。このDNSサービスを利用することにより、不正な行為を行うWebサイトへの接続を遮断できる。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 IBM Security、Packet Clearing House(PCH)、Global Cyber Alliance(GCA)は、無数にある悪質なWebサイトへのアクセスを自動的にブロックする無償サービスをリリースした。

Computer Weekly日本語版 1月10日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月10日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 この「Quad9」は、ドメインネームシステム(DNS)のサービスで、個人情報の盗難や、ランサムウェアやマルウェアの感染、不正行為の実行が確認されたWebサイトからユーザーを保護することを目的とする。

 この目的を実現するため、GCAはPCHの協力を得てシステム開発機能を提供し、脅威インテリジェンスコミュニティーを1つにまとめた。PCHはQuad9のネットワークインフラを提供し、IBMは「X-Force脅威インテリジェンス」と記憶しやすいIPアドレス(9.9.9.9)を提供した。

 Quad9の関係者によると、他のDNSサービスとは異なり、このサービスはユーザーの個人情報(PII:Personally Identifiable Information)を保管したり、関連付けたり、その他の方法で使用することはないという。これに対し、他のDNSサービスはユーザーがアクセスしたWebサイトや使用中のデバイス、住んでいる場所などの情報を取得することが多い。

 Quad9のセキュリティとプライバシーの機能を利用するには、ユーザーが端末の設定を再構成して、DNSサーバとして「9.9.9.9」を使用する必要がある。切り替え手順は以下のリンクで確認できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...