「本当に売れなくなったPC」はWindows機じゃない“あのマシン”PCはどれくらい「売れていない」のか【第2回】

PC市場が振るわない中、PC出荷台数の上位ベンダーは苦戦を強いられている。中でも特に出荷台数を落としているのは、どのPCベンダーなのか。IDCの調査結果から探る。

2023年06月07日 07時15分 公開

関連キーワード

人工知能 | Apple | ビジネスPC


 世界PC出荷台数が伸びない状況が続いている。PCベンダーごとのPC出荷台数の成長率を見ると、市場の現状が明確に分かる。特に大きくPC出荷台数を落としているのは、どのPCベンダーなのか。調査会社IDCの調査結果を見てみよう。

Lenovo、HP、Dellではない 最も落ち込んだのは“あのベンダー”

 IDCによると、PC出荷台数上位3社のPCベンダーに関する、2022年第1四半期から2023年第1四半期に掛けてのPC出荷台数成長率は以下の通りだ。いずれも3割前後のマイナス成長となった(丸かっこ内は2023年第1四半期のPC出荷台数シェア順位)。

  • Lenovo(PC出荷台数1位):マイナス30.3%
  • HP(PC出荷台数2位):マイナス24.2%
  • Dell Technologies(PC出荷台数3位):マイナス31.0%

 2023年第1四半期におけるPC出荷台数4位のAppleは、出荷台数の成長率がマイナス40.5%だった。主要PCベンダーのPC出荷台数の中で、同社の下げ幅が最も大きかったとIDCは説明する。

 Appleは2023年にも、デスクトップ型デバイス「Mac」シリーズおよびノート型デバイス「MacBook」シリーズの新製品を投入している。ただし販売の活性化にはつながっていない可能性がある。


 次回は、PC出荷台数減少のあおりを受ける、PC部品メーカーの苦境に焦点を当てる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...