「AI医療」が夢でも未来でもなく“まさか”の現実に医療現場で活躍する「AI」の役割【第1回】

AI技術が普及する先は企業だけではない。IT活用が進む医療機関でも、現実的な選択肢としてAI技術の活用が広がりはじめている。背景には医療を取り巻く“ある変化”があった。

2023年06月09日 10時15分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

 現代医療にはITが広く浸透している。ITを医療から切り離して考えることは、もはやできない。医療機関はこれまで、医療の質向上とヒューマンエラー最小化を目指してITを活用してきた。その取り組みの最前線は人工知能(AI)技術だ。

こうして「AI医療」が“当たり前の現実”に

 医療の全てのプロセスに、AI技術が活用できるわけではない。それでも医療機関において、AI技術を活用する機会は劇的に拡大しつつある。

 専門家の中には「ITを利用する医療行為」を「遠隔医療」だと見なす人がいる。両者は厳密には異なるものの、遠隔医療を具現化する上で、ITが重要な役割を果たすことは間違いない。こうしたITの具体的な選択肢として、AI技術を採用する動きがあるのだ。

 「遠隔医療やそれに関連する医療行為が拡大するにつれて、患者とのタッチポイント(接点)にAI技術を生かせる機会が拡大している」。アリゾナ大学(University of Arizona)のエリザベス・クルピンスキ氏はこう語る。クルピンスキ氏は、同校が提供する遠隔医療の教育カリキュラム「Arizona Telemedicine Program」で、評価担当アソシエイトディレクターを務める。


 次回は、臨床医療で活躍するAI技術の具体例を紹介する。

関連キーワード

人工知能


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...