正真正銘のAI「汎用人工知能」(AGI)とは何なのか「汎用人工知能」(AGI)への道【前編】

現在「AI」と呼ばれている技術は、概して特定の限られた用途に使われている。これらのAI技術が進化を続ければ、人の知能を再現した真のAI、「汎用人工知能」(AGI)が登場する可能性がある。

2020年12月01日 05時00分 公開
[Kathleen WalchTechTarget]

関連キーワード

機械学習


 人工知能(AI)技術を実装したアプリケーションは概して、特定のタスク処理に特化している。AIの本来の意味である、人の知能を完全に再現した機械は、まだ実現していない。

 「AI」と呼ばれる技術は、2つの一般的なカテゴリーに分類できる。「弱いAI」と「強いAI」だ。弱いAIはAIの要素技術のことであり、現状の一般的なAI技術を指す。強いAIは本来の意味でのAIであり、「汎用(はんよう)人工知能」(AGI:Artificial General Intelligence)とも呼ばれる。

AGIとは何か、AGIとただの機械の境界は

 弱いAIのアプリケーションが概して1つの問題に特化しているのに対し、AGIはあらゆる分野のあらゆるタスクや問題を処理できる。AGIはまだ現実のものとなっていないが、実現に向けた取り組みは、弱いAIも含めたAI技術全体の能力を向上させる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...