2020年12月02日 05時00分 公開
特集/連載

「COTS」ではなく「GOTS」を選ぶメリットと、無視できないリスクとは「COTS」と「GOTS」を比較【後編】

政府機関が抱える複雑で大規模なタスクに対処できる「COTS」ソフトウェアがないならば、「GOTS」ソフトウェアを独自開発するしか道はない。GOTSソフトウェアならではのメリットとデメリットとは。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

IT戦略


 政府機関の業務に既製品である「COTS」(商用オフザシェルフ:Commercial Off-The-Shelf)ソフトウェアを選択する場合、さまざまなメリットはあるが対処できないタスクも無数にある。例えば米国海軍が実戦で使うシミュレーションシステムをCOTSソフトウェアで代替してタスクを遂行することは難しいだろう。

 政府機関が求める複雑で大規模なシステムと同等の機能を備えたCOTSソフトウェアは、ほとんど存在しない。そのため政府機関はそれぞれのプロセスと要件に適合する「GOTS」(政府機関オフザシェルフ:Government Off-The-Shelf)ソフトウェアを特注で開発しなければならない場合がある。独自開発したGOTSソフトウェアを他の政府機関が再利用または購入し、それぞれの要件に合わせてカスタマイズすることもある。

 前編「『COTS』『GOTS』の基本的な違いとは? 政府機関のIT基礎用語」、中編「政府機関が『GOTS』から『COTS』に移るべき4つの長所、無視できない2つの短所」に続き、後編となる本稿は、GOTSソフトウェアならではのメリットとデメリットを解説する。

GOTSソフトウェアのメリットと“あのデメリット”

 GOTSソフトウェアが開発されるのは通常、妥当なCOTSソフトウェアがないからだ。GOTSソフトウェアの総合的な品質と性能は、概して非常に評価が高い。特定の政府機関に固有の要件とインフラに適合するように一から設計して開発するからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...