2010年09月09日 12時30分 公開
ニュース

富士通、診療所から中堅病院まで対応する医療事務システム「HOPE/SX-R」を発表NEWS

富士通が医療事務システムの新製品を発表。レセプトのオンライン請求向けに最適化した機能を提供することで、その業務負荷を軽減する。

[TechTargetジャパン]

 富士通は9月8日、医療事務システムの新製品「HOPE/SX-R」を発表した。HOPE/SX-Rは、PC1台のスタンドアロンから50台のクライアント/サーバシステム構成まで対応可能で、電子カルテシステムなどの富士通の医療向けシステムとの連携機能によって、診療所から病床数300床の中堅病院まで幅広く利用できる。

 HOPE/SX-Rでは従来、医療機関が月末・月初にまとめて作成していたレセプト(診療報酬明細書)電算データを、その会計入力が完了すると同時にリアルタイムで自動的に作成する。これにより、レセプト処理に対応する事務スタッフの作業負荷を低減する。また、提出するレセプトの一覧表示やその詳細な内容の表示、提出・保留の指定などを統合して行う機能によって、レセプト作成業務の効率化をサポートする。さらに、会計入力中のレセプト表示機能では、過去のレセプトを簡単に参照可能で、月をまたいだレセプトの内容を確認することもできる。

photophoto レセプト提出データ作成画面(左)レセプト確認画面(右)《クリックで拡大》

 そのほか、HOPE/SX-Rには利用者自身が画面レイアウトを変更できる設定機能が搭載されている。例えば、画面の基本構成をワイドディスプレーに対応させたり、文字サイズの拡大・縮小にも対応するなど、利用者に応じたカスタマイズが可能。また、オンラインマニュアルの表示機能によって、その場に応じた適切な操作方法を確認できる。さらに、病名・行為の日本語入力による検索も可能。同社では、システム操作にあまり慣れていない人でも簡単に入力・操作が可能だとしている。

 HOPE/SX-Rの販売価格は120万円(税別、PC1台の最小構成の場合)からで、10月初旬から出荷を開始する。

関連ホワイトペーパー

富士通 | 検索 | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...