「Web会議ツールは誰にでも使いやすい」と勝手に信じてはいけないのはなぜ?コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」を向上させるには【第1回】

Web会議ツールなど、場所や時間にとらわれない働き方を可能にするコミュニケーションツールは、さまざまな人に活躍の場を広げているのは確かだ。ただし「アクセシビリティー」の観点では、課題は依然としてある。

2023年06月09日 09時15分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)中、企業はテレワークへの移行を余儀なくされた。テレワーク実現の手段として「アクセシビリティー」(使いやすさ)に配慮した、さまざまなコミュニケーションツールの採用が進むことになった。それによって生まれたメリットは、障害者雇用の壁が低くなったことだ。

 Web会議ツールといったコミュニケーションツールは場所を問わず、さまざまな情報を入手したり、会議に参加したりすることを可能にした。それにより障害のある従業員にとって活躍の場が広がった。とはいえコミュニケーションツールのアクセシビリティーに関する課題がなくなったわけではないという。それはどういうことなのか。

「Web会議ツールは使いやすい」は単なる“自己満足”?

 コミュニケーションツールのアクセシビリティーについて、ベンダーやユーザー企業は「自己満足に浸っていてはいけない」と、アクセシビリティーアナリストのクラウディオ・ルイス・ベラ氏は強調する。ベラ氏は、2023年3月開催のコミュニケーション関連カンファレンス「Enterprise Connect 2023」で講演。コミュニケーションツールのアクセシビリティーを高める方法や、障害のある従業員がコミュニケーションツールを利用する上での課題を語った。

 企業はオフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を推進する上で、コミュニケーションツールを役立てている。コミュニケーションツールの利用時に特に重視しなければならないのは「いかにアクセシビリティーを向上させるかだ」とベラ氏は指摘する。

 ライフサイエンス事業を手掛けるVerily Life Sciences(Alphabet傘下)のアクセシビリティー責任者、テイマー・サビア氏は「ハイブリッドワークの導入を機に、障害者をはじめ、さまざまな人材の活用について改めて考えることが必要になった」と述べる。場所を問わない働き方を実現すれば「さまざまな人材にとって活躍の場が広がり、生産性の向上やイノベーションの創出につながる」とサビアは言う。

 コミュニケーションツールのアクセシビリティーをどう向上させるかについて、正解はない。同じ障害のある人でも、コミュニケーションツールに求めるものは同じではないからだ。「例えば同レベルの聴力障害のある従業員が2人いるとする。1人は字幕の利用を求めるが、もう1人は手話通訳者がいた方がありがたいと考える」。VMwareでアクセシビリティー担当を務めるシェリ・バーン=ヘイバー氏はこう語る。バーン=ヘイバー氏は「アクセシビリティーを向上させるには、コミュニケーションツールを導入する前に、従業員のニーズに熱心に耳を傾ける必要がある」と説明する。


 第2回はアクセシビリティーの観点から、仮想的なホワイトボードである「オンラインホワイトボード」などのコミュニケーションツールの注意点を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...