2023年06月20日 07時15分 公開
特集/連載

「PCの買い替え」がこのまま順調に進むとは考えにくい理由ハイブリッドワークと業務用PC【前編】

2022年、PC業界は過去最大級の売上高減少に見舞われたが、企業による新しいPCへの買い替えが進むと各PCベンダーは見込む。その見通しは正しいのだろうか。

[Cliff SaranTechTarget]

 2022年、PCの新規販売台数は記録的に落ち込んだが、PCベンダーはあくまで楽観的な見方をしている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)中にPCを購入した企業や消費者が、機器の買い替えを検討すると期待しているからだ。この見込みは果たして正しいのか。

企業は「新しいPC」が必要なのか、不要なのか

 2020年、英国はCOVID-19の影響を受けてロックダウン(都市封鎖)を実施した。オフィスワーカーは自宅での勤務を強いられ、企業は従業員に在宅勤務用のノートPCを支給した。

 コロナの終息後も大半の企業はハイブリッドワーク(オフィスワークとテレワークの組み合わせ)制度を採用し、Microsoftの「Microsoft Teams」やZoom Video Communicationsの「Zoom」といったWeb会議ツールを用いたミーティングが主流となった。PCベンダーはこの状況を受けて、機能を改良したカメラやオーディオをPCに搭載。Web会議ツールの使い勝手をハードウェア面から改善した。

 一方で資金繰りに苦しむIT部門にとって、Web会議向けの多彩な機能を搭載したPCを購入する余裕は、ほとんどの場合はない。Web会議ツールベンダーが開発しているAI(人工知能)技術搭載のツールを活用した方が、手軽に生産性を高めやすいと言える。


 後編はアフターコロナ時代において、賢くPCを選ぶための視点を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...