「プライベート5G」(ローカル5G)の約半数を占めるのは“あの業界”転換期を迎えた「5G」【中編】

世界的に5Gの導入が拡大する中、どの業界が「プライベート5G」をけん引しているのか。ネットワーク関連製品ベンダーによる調査結果を紹介する。

2023年06月20日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 ネットワーク関連製品ベンダーViavi Solutionsは2023年4月、「5G」(第5世代移動通信システム)に関する年次報告書「The state of 5G」を公開した。報告書では、2023年初頭以降、5Gをプライベートネットワークで利用する「プライベート5G」(ローカル5Gに相当)の展開をリードする業界が明らかになった。

「プライベート5G」をけん引する“あの業界”とは

 プライベート5Gの導入をリードする業界として台頭したのは製造業で、2023年4月時点で公表されている導入数の約半数を占めた。その後には、流通業界、教育業界、輸送業界、スポーツ業界、公共事業、鉱業界などの業界が続いた。

 Viavi Solutionsは、「こうした業界においては、高速な接続性が業務環境にもたらされていなかった場合がある」と指摘する。同時にこれらの業界は、「モノのインターネット」(IoT)によるアプリケーション活用が進んでいる業界でもあり、「スマートファクトリー」や「スマートシティー」などの議論も盛んだ。この結果、これらの業界が自然にプライベート5Gの導入をけん引する様子が浮かび上がった。

 「プライベート5GとIoTの密接な関係性と、この組み合わせによるビジネスチャンスは、通信事業者も目を付けている」とViavi Solutionsは補足する。


 後編は、これからの5G市場において、どの技術に注目が集まるのかについて紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...