2023年06月19日 07時15分 公開
特集/連載

中東からモータースポーツを届ける「光ファイバー」だけじゃない映像配信網中東と欧州がつながる日【前編】

競輪やフォーミュラ1(F1)などのモータースポーツの映像配信には安定したネットワークインフラが欠かせない。中東から世界各国への配信を支えるネットワークインフラとは。

[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

信頼性 | イーサネット | ネットワーク


 ネットワークサービスプロパイダー(NSP)のRiedel Networksは中東で開催されるモータースポーツイベントのため、バーレーンに本社を置く通信事業者のKalaam Telecom Groupのグループ企業Kalaam Carrier Solutions(KCS)とパートナーシップ契約を結んだ。両社によれば、今回の契約はサウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦(UAE)で開催されるモータースポーツイベントに向けて、堅牢(けんろう)なネットワークを提供することが目的だ。

 モータースポーツは競輪やフォーミュラ1(F1)、スノーモービルなど幾つかの種類があるが、共通しているのはこれらの競技の映像配信には安定したネットワークインフラが必要ということだ。両社はどのようなネットワークインフラで配信しようとしているのか。

映像配信のための光ファイバーと「もう一つのインフラ」

 Kalaam Telecom Groupは中東および北アフリカ(MENA)地域にまたがる、約1400キロの光ファイバーケーブルの「Kalaam Network Optical Transit」(Knot)を保有している。同社はインド、中東、欧州にまたがる約1万5000キロの光海底ケーブル「Europe-India Gateway」(EIG)の共同所有権も持つ。

 一方、2001年にドイツで設立したRiedel Networksは、多国籍企業やメディアおよびイベント業界に特化したNSPだ。同社は、エンドユーザーがインターネットにアクセスするための接続点である「PoP」(Points of Presence)を40カ国以上に展開している。

 両社のインフラを活用することで、中東のレース場からでも欧州やアジアの事業者およびその先のエンドユーザーに映像を配信できる。


 後編では、両社のインフラを組み合わせることでどのような効果が生まれ、ネットワークが改善したのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...