中小企業が「不景気の今こそネットの速さが必要」だと考える理由中小企業が重視するインフラ【前編】

調査によれば英国の中小企業は、先行き不透明な経済状況で事業を維持するのに「高速なインターネット」が不可欠だと考えている。背景にあるのはどのような事情か。

2023年06月28日 07時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | ID管理 | 無線LAN


 Sky Businessの調査によると、英国の中小企業の約6割は通信速度の遅さを理由にインターネットサービスプロバイダー(ISP)の乗り換えを検討しており、ビジネスを円滑に運営するには「信頼できるインターネット接続」が不可欠だと考えている。

景気低迷の英国で、経営者が「高速インターネット」を維持したがる理由

 Sky Businessは、英国で通信およびTVサービスを提供するSky UKのB2B事業部門だ。この調査は、Sky Businessが2023年4月に実施。調査対象は、18歳以上で高速インターネットを利用する英国の中小企業経営者約500人だ。

 英国では金利上昇が続いており、中小企業の経営者は景気低迷を感じている。調査結果によると、英国で「生活費の危機」と呼ばれている急激なインフレーション(継続的な物価上昇)が自社のビジネスに与える影響を懸念している回答者は半数以上に上る。

 英国の中小企業は、高品質なサービスを維持しながらコストを削減する必要に迫られている。先行き不透明な経済状況で、調査対象の中小企業経営者は懸念事項として「生活費の危機」の他に、「燃料価格」「金利の上昇」「政府の支援不足」などを挙げた。

 調査結果からは、経済的なプレッシャーから中小企業経営者が仕事に追われている様子がうかがえる。回答者の4分の3は「絶対に仕事を休めない」と答えており、6割弱は「家に持ち帰った仕事を配偶者に手伝ってもらっている」と回答した。回答者の約4割は「働き過ぎが原因で、家庭で口論になった」という。

 「2024年にビジネスを円滑に進めるには、何が必要か」という質問には、回答者の約6割が「信頼できるインターネット接続」を挙げた。次いで挙がった要素は「仕事を支援してくれる家族や友人との関係」「取引先との良好な関係」「優秀なスタッフ」だった。Sky Businessによると、回答者の3割強が「インターネットの悩みの種」について「通信速度の遅さ」だと答えていた。そのため「この結果に驚きはない」と同社は述べる。


 後編は、こうした中小企業の課題を踏まえ、Sky Businessが通信事業者としてどのようなサービスを重視しているのかについて解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...