銀行のシステム開発を「まるで別物」に変えたアジャイルな手法とは?銀行のイノベーションとシステム開発事例【後編】

東南アジアの銀行大手DBS Bankは、社内で開発したポータルサイトを用いて開発の生産性向上につなげる。同行が開発プロセスを改善するために実践する方法とは。

2023年07月13日 05時15分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

開発ツール | 金融 | 統合開発ツール


 シンガポールに拠点を構える東南アジアの銀行大手DBS Bankは、システム開発者向けのポータルサイト「DBS Technology Marketplace」を開発した。これを活用することで、同行は開発業務の自動化や効率化を図る。同ポータルサイトを使い、同行ではどのような開発が可能になったのか。

“以前とは別物”になったDBS Bankの開発

 2023年5月時点で、DBS Technology Marketplaceは157個の製品・サービスや、36個のシステムなどを提供している。2020年から2022年にかけて、同ポータルサイトの1日当たりの延べ利用者数は1375人から1790人に増えた他、製品・サービス数やシステム数はほぼ倍増した。

 「アジャイル(迅速なサービス提供を目指す開発手法)やDevOps(開発と運用の融合)といった手法を導入していなければ、迅速に新サービスを提供することは不可能だ」と、DBS Bankはコメントする。

 DBS Technology Marketplaceの開発チームは、ポータルサイトの主要構成要素を担当するチームと、ポータルサイトに搭載するツール開発を担当するチームの2チーム体制だ。スプリント(開発プロセスを回すための短く区切った期間)は2週間周期で設定。各周期の終了時に、社内で合意を得た機能をリリースする。運用チームは新しい機能を使用可能になり、ユーザーや関係者は新機能に関する情報を受け取る。

 他にもDBS Bankの開発者は、各機能が小規模サービスとして独立する「マイクロサービス」を使用することで、特定の業務領域に注力できているという。これによりサービスの再利用性と標準化が進み、開発者が各機能において個別にソースコードを記述する必要性が低下した。

 DBS Bankでクラウドエンジニアリングとサービスのマネージングディレクターを務めるコー・ジット・スン氏は、「DBS Technology Marketplaceで業務を自動化する前は、サーバのプロビジョニング(配備)だけで40週間近くかかっていた」と話す。特に大きかったのは自動化を進めて作業効率を高めたことだ。「従来よりも短時間でアプリケーションの実装が可能になり、生産性や市場投入速度が向上した」(スン氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...