ITインフラ運用の新基準「オブザーバビリティ」で生産性が高まるのはなぜ?ITインフラ運用が楽になる4つの方策【中編】

ITインフラの運用部門に向けて、生産性を高めるための方策を紹介する。アプリケーションの実行環境が分散する中で、「オブザーバビリティ」(可観測性)という考え方に注目が集まっている。

2023年07月03日 05時15分 公開
[Padraig ByrneTechTarget]

 ITインフラと運用(I&O:Infrastructure and Operations)を担当する部門は困難な状況に置かれている。ITインフラの規模が拡大している一方で、その内部ではレガシーなシステムと現代的なシステムが混在している。I&O部門はそれらを共に運用しなければならないことに加えて、事業部門からは人工知能(AI)技術を利用したデータ分析を求められている。

 I&O部門が事業部門により良いサービスを提供し、組織をサポートするには、以下の4つの分野にフォーカスすることが鍵になる。

1.自動化

 I&Oにおける自動化とは、運用担当者の労力を軽減し、開発のサイクルタイム(工程開始から完了までの時間)を短縮し、正確で迅速な問題解決を促進し、サービスの品質と再現性を向上させるものでなければいけない。

 自動化を成功させれば、さまざまな関係者に利益をもたらす。自動化を成功させるためには、計画を立て、戦略的に進める必要がある。思い付きによる断片的な取り組みではうまくいかない。

2.顧客ニーズの監視と管理

 I&Oにおける監視と管理は、大きな変革期を迎えている。プロセスごとにインスタンス(仮想サーバ)が切り替わる分散環境において、現状を正しく可視化するには、新しいアプローチが必要だ。

 そこで注目を浴びているのが、問題の検知だけでなく、問題の発生や解消に必要な情報まで可視化する「オブザーバビリティ」(可観測性)だ。オブザーバビリティが実現すれば、複数のコンポーネントやサービスが生成するログやテレメトリーデータ(監視や分析のために収集する、システム稼働状況に関するデータ)を1カ所に集約し、分析できる。迅速に、より正確な情報に基づいた、意思決定が可能になる。

 オブザーバビリティを、アプリケーションパフォーマンス監視(APM)で実現するアプローチも有効だ。というのも、AI技術を取り入れたAPMは、アプリケーションだけでなく、ネットワークやデータベース、仮想化基盤など広範囲に可視化できるようになっているからだ。

 I&O部門がAPMやオブザーバビリティツールを導入して、ユーザーエクスペリエンス(UX)を測定し、企業の生産性を高めようとする動きは広がっている。


 後編は、I&O部門が取り組むべき方策のうち残り2点を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...