「PLC」SSDはコストが優秀でも“あれ”が低い? その使い道とはSSDの次世代技術「PLC」とは【第3回】

2025年をめどにPLCフラッシュの商品化が見込まれるが、そもそもPLCフラッシュは何に使うのか。具体的な用途とともに、導入を決める上でのポイントを探る。

2023年07月13日 05時15分 公開
[Stephen PritchardTechTarget]

関連キーワード

PLC | SSD | 半導体ストレージ


 「PLC」(ペンタレベルセル)は、1つのメモリセル当たり5bitを記録することで、大容量のSSDを実現する次世代技術だ。PLCのSSDは商品化に向けた開発が進んでいる。どのような使い方が期待できるのか。

「PLCの用途」は“あれ”だ その決め手はコストではない?

 PLCのSSDの用途として、アーカイブをはじめとした長期保存が考えられる。書き込み速度の速さや書き込み頻度の高さが求められないからだ。他には、機械学習のトレーニングといった、膨大な量のデータを使用する用途が想定される。

 1つのメモリセルに4bitを格納する「QLC」(クアッドレベルセル)のSSDよりも、PLCのSSDは容量単価が安価になる見込みだ。調査会社Gartnerによると、両者の価格差は約10%になる。その程度なら、移行の手間を考えると、PLCに切り替える追い風にはなりにくいと考えられる。

 導入時の焦点になりそうなのは、PLCのSSDの耐久性だ。QLCのSSDの初代は、書き込み/消去サイクルの制限が約1000回で、その後増加した。成熟度の高いNAND型フラッシュメモリの技術だと、その回数は10万回以上になる。

 長期保存の用途なら、書き込み/消去サイクル回数はそれほど問題にならない。PLCのSSDは、大容量HDDよりはるかに省電力になることが期待できる。省電力化によって二酸化炭素(CO2)排出量が削減できる点は、PLCの採用を促すと考えられる。とはいえ、PLCのSSDが登場するのは将来の話だ。ストレージベンダーによると、PLCの商品化は早くても2025年になる。


 第4回は、PLCを巡るストレージベンダーと半導体ベンダーの動きを見る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...