無線LANの規格「Passpoint」とは? 接続が途切れない仕組みを徹底解説OpenRoamingとPasspoint比較【中編】

Wi-Fi Allianceが管理するローミング規格Passpointは、OpenRoamingに比べて手軽に利用できる。それでいて、セキュリティ面への配慮も十分になされている。Passpointの特徴とは。

2024年03月08日 05時00分 公開
[Venus KohliTechTarget]

 無線LAN(Wi-Fi)のローミングの仕組みとしては、無線LANの業界団体「Wireless Broadband Alliance」(WBA)による「Wi-Fi」の相互接続基盤「WBA OpenRoaming」(以下、OpenRoaming)と、もう一つの無線LAN業界団体「Wi-Fi Alliance」(WFA)によるWi-Fiホットスポットの接続規格「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint」(以下、Passpoint)がある。このうちPasspointはどのような仕組みなのか。詳しく解説する。

Passpointの仕組みとは?

 OpenRoaming同様に、Passpointに準拠しているデバイスは、エンドユーザーが無線LANの検出から認証までの操作をせずに、無線LANに接続できるようになる。携帯電話網と無線LANのネットワーク接続もシームレスに切り替えられるようになる。

 Passpointの技術仕様は「Hotspot 2.0」として、WBAとWFAが共同で定めている。Passpointを利用するには、デバイスがPasspointに準拠するように事前に設定しておく必要がある。これには、デバイスごとに設定する一意のプロファイルが含まれている。プロファイルが事前にオンラインでプロビジョニング(利用可能な状態にすること)されているデバイスが、Passpointに準拠した無線LAN アクセスポイント(AP)の近くに来ると、自動的に接続する。

 プロビジョニングの方法はPasspointのバージョンごとに変化してきたが、現在は「オンラインサインアップ」(OSU)と呼ばれる1回限りの設定で完了する。

 Passpointはネットワークの認証に、「EAP」(Extensible Authentication Protocol:拡張認証プロトコル)を用いる。EAPは、複数の認証方式をサポートする。具体的には、デバイスメーカーはPasspointを利用するために、以下の認証方式をサポートする必要がある

  • EAP-SIM
  • EAP-Tunneled TLS(EAP-TTLS)

 Passpointを利用する場合、クライアントデバイスはまずPasspointに準拠したホットスポット無線を検出する。この際、無線LAN APが発信している管理フレーム「ビーコンフレーム」からAPや提供している事業者の情報を取得する。

 クライアントデバイスはAPを検出すると、APの機能やサービスに関する情報を取得するための「ANQP」(Access Network Query Protocol)クエリを、インターネット回線越しにANQPサーバに送信して、ANQPサーバから利用可能なネットワーク情報およびプロパイダのリストを取得する。このANQPサーバから取得した情報とビーコンフレームの情報が合致していれば接続を開始する。この仕組みにより、安全な公衆無線LANを利用することができる。

 通信の暗号化方式としては、無線LANのセキュリティプロトコル「WPA2」(Wi-Fi Protected Access 2)や「WPA3」(Wi-Fi Protected Access 3)を利用する。

 これらの要素から、ユーザー認証を自動化しつつデータを保護する仕組みとなっている。

Passpointの利点と課題

 Passpointの利点は以下の通りだ。

  • 「Android」「iOS」「macOS」「Windows」といったクライアントOSと互換性がある
  • 携帯電話回線を使った通信データを、帯域幅の広いWi-Fi無線LANネットワークにオフロードできる
  • クライアントデバイスのプロファイルを確認できない場合でも、Passpointは制限付きのインターネットアクセスを提供する

 課題は次の通りだ。

  • EAPをサポートしていないデバイスは、Passpointに準拠した無線LANネットワークへのアクセスが制限されている
  • 事前構成にかかる時間が長くなるため事業者の負担がある
  • 一般的なパスワードベースの無線LANネットワークと比べると、可用性に欠ける
  • Passpointを使用すると、モバイルデバイスのバッテリーの消耗が激しい

 後編はOpenRoamingとPasspointを比較する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。