2023年06月07日 07時15分 公開
特集/連載

OpenRoamingとは? オランダの国際展示場が採用した「公衆Wi-Fi」のメリットWi-Fi 6とOpenRoamingで変わるイベント【前編】

オランダの国際展示場RAIコンベンションセンターは「Wi-Fi 6」と「OpenRoaming」を利用して、堅牢(けんろう)で快適なネットワーク環境を構築している。OpenRoamingとは何か。

[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | ID管理 | 無線LAN


 RAIアムステルダムコンベンションセンターが無線LANローミングの仕組みである「OpenRoaming」を導入した。OpenRoamingは、公衆Wi-Fiサービス関連事業者の業界団体である「Wireless Broadband Alliance」(WBA)およびその参加企業が開発したWi-Fi相互接続基盤のことだ。どのような仕組みで、何が可能になるのだろうか。

そもそも「OpenRoaming」とは?

 RAIアムステルダムコンベンションセンターは1893年に設立したオランダの国際展示場で、2022年は約119万人の来場者を迎え、売上高は約1億1800万ユーロだった。

 同センターは2021年に、メインホールやレストラン、会議施設に、ネットワーク機器ベンダーCisco Systemsの無線LANアクセスポイントで構築した、無線LAN規格「Wi-Fi 6」のネットワークを導入した。Cisco SystemsはWBAのメンバーだ。OpenRoamingは、RAIアムステルダムコンベンションセンターが導入したWi-Fi 6ネットワークに導入された。

 公衆Wi-Fiは接続するためにIDの登録やサインインが必要になるが一般的だ。OpenRoamingを利用する公衆Wi-Fiは、認証済みのIDであれば登録やサインイン不要で接続できる。

 OpenRoamingを利用する公衆Wi-Fiであるということは、事業者がWBAの認証連携ネットワークに接続して提供しているWi-Fiということだ。ユーザーはOpenRoamingを利用するWi-Fiに接続すれば、サイバー攻撃者が設置した不審な公衆Wi-Fiに接続するリスクが減少する。ユーザーは1度認証すれば、OpenRoamingを利用する公衆Wi-Fiのエリアに入るたびに、利用中のスマートフォンやタブレット、ノートPCが自動的に接続する。

 こうした信頼性や利便性を背景に、コンベンションセンターやスタジアム、アリーナなどがOpenRoamingを導入する事例が広がっている。


 後編は、RAIコンベンションセンターがWi-Fi 6とOpenRoamingをイベントでどのように活用したのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...