本当にアジャイルな会社は「個人」以上に何を信じるのか「伝統的な経営文化」を捨てるには【後編】

事業変革に取り組む企業が陥りがちな誤りの一つが「個人への過信」だ。GoogleなどのIT企業は個人の力を過信するのではなく、何を信じているのか。

2023年06月07日 05時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 経営


 「デジタル企業に変わった」と言い張る経営者が目立つが、その道のりは口で言うほど容易ではない。2022年11月上旬に調査会社Gartnerが主催したカンファレンス「Gartner IT Symposium/Xpo 2022」に登壇したアンドリュー・マカフィー氏は、事業の変革を目指す企業が陥りがちな点を指摘した。マサチューセッツ工科大学(MIT)のMIT Initiative on the Digital Economyの共同設立者兼共同ディレクターを務めるマカフィー氏が問題の一つに挙げるのは、「個人を過信すること」だ。

人を過信せず、何を信じるべきか

 メディア企業Guardian News & Mediaが2014年に公開した記事「Why Google has 200m reasons to put engineers over designers」によると、GoogleはWebサイトの設計上の判断をする際、A/Bテストの結果とメトリクスを根拠に使っている。Googleは「優秀で尊敬される設計者が考えたことが正しい」とは考えないということだ。

 ソフトウェア開発でアジャイル開発の手法を取り入れるのも、「個人の力を過信しない」という意味で捉えることができる。アジャイル開発は、ソースコードが仕様通りに機能する状態を実現するために、迅速なイテレーション(短期間で繰り返す開発サイクルの単位)と透明性を重視しているからだ。

 マカフィー氏は、報酬が高額なコンサルタントや専門家が下す意思決定のことを「Hippo」(Highly paid person’s opinion:高報酬者の意見)と呼び、警鐘を鳴らす。大手IT企業でHippoは影を潜めつつあるという。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製

品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...