2021年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

「DEIB」ツールとは? 3億ドル市場に急成長のダイバーシティー支援手段「DEIB」ツールの理想と現実【前編】

さまざまな人材の活用を支援する「DEIB」ツール市場が拡大している。その背景には何があるのか。調査結果を交えて現状を整理する。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や社会不安が、さまざまな人材の活用を支援する「DEIB」(Diversity, Equity, Inclusion and Belonging)ツールの利用拡大を推進している。専門家はDEIBツールの導入を検討する企業に対して、導入前に厳格なデューデリジェンス(適正評価)を実行することを推奨している。

 調査会社RedThread Researchは2019年に公開したレポートで、DEIBツールの市場規模を1億ドルだと推定した。同社はDEIBツールについて、組織が人材の多様性(ダイバーシティー)や包括性(インクルージョン)などを高めるための取り組みを支援するために、個人や組織の業務プロセスや慣行を分析したり、変更を支援したりするソフトウェアだと定義している。同社は2021年に公開したレポートで、2020年のDEIBツールの市場規模が3億1300万ドルまで拡大したとの推定を示した。特にHR(人事)ベンダーの間で、DEIBツール市場に参入する動きが広がっている。

市場規模は3億ドル超に 成長の背景は

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...