“オールラウンダーなクラウド技術者”を目指せる「認定資格」はこれだ役立つクラウド認定資格11選【第4回】

クラウド管理や構築の経験をある程度積んだクラウド技術者が、次に目指すべき資格とは何か。本稿はクラウドアーキテクトに関連する資格と、ベンダーに依存しないクラウド認定資格を詳しく説明する。

2024年06月12日 05時00分 公開
[Damon GarnTechTarget]

 ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの構築からセキュリティ対策に至るまで、クラウドインフラの構築や管理の全要素を担うのがクラウドアーキテクトだ。本稿はAmazon Web Services(AWS)とGoogleが提供するクラウドアーキテクト向けの認定資格と、ベンダーにとらわれない、より幅広いクラウドサービスに関する知識を証明するための認定資格を取り上げる。

クラウドアーキテクトの主な認定資格と、試験で重視されるポイント

AWS Certified Solutions Architect - Professional

 AWSは、同社のクラウドサービスを用いたクラウドインフラの設計や構築、問題解決の経験が2年以上あるクラウドアーキテクト向けに、認定資格の「AWS Certified Solutions Architect - Professional」(SAP-C02)を提供している。知識は、パフォーマンス、コストの最適化、セキュリティに重点を置いている。この資格は、現在のクラウド設計の重要な部分である自動化のスキルや知識を重点的に取り上げている。

項目 内容
試験費用 300ドル
試験時間 180分
問題数 75問(複数選択式)
最低合格点 750点

 AWSはSAP-C02試験の公式試験ガイドを提供している。

Professional Cloud Architect

 Googleは、組織のクラウド設計に長けた人材のための認定資格として「Professional Cloud Architect」を提供している。試験は、効果的なクラウドサービスの利用計画や設計、プロビジョニングの方法を問う。プロセスの最適化やセキュリティとコンプライアンスの要件を満たした設計、容量管理などの能力も評価される。Googleが提供する試験ガイドによると、多くの問題は特定のケーススタディーに焦点を当てている。同社は受験の前に、クラウドサービス群「Google Cloud」を使ったクラウドインフラの管理や設計の経験を1年以上含む、IT業界の経験を3年以上積むことを推奨している。

項目 内容
試験費用 200ドル
試験時間 120分
問題数 50〜60問(複数選択式)
最低合格点 非公開

クラウドに関するより幅広い知識を問う認定資格

 認定資格の受験者はたいてい、AWSやMicrosoft、Googleなど、自社で利用するクラウドベンダーの認定資格を選ぶ。マルチクラウドを推進する企業で働く人や、クラウドベンダーにとらわれない、より包括的な知識やスキルを必要とする人にはどのような資格が役立つのか。このような人には、CompTIAの「CompTIA Cloud+」(CV0-003)が適している。

CompTIA Cloud+

 CompTIAは、IT認定資格の分野を主導する業界団体の一つだ。IT運用に関する幅広い知識を問う「CompTIA A+」やネットワーク技術者向けの「CompTIA Network+」、セキュリティの知識を問う「CompTIA Security+」などの認定資格を提供している。

 CompTIA Cloud+は、ベンダーに依存しない、全てのクラウドインフラやクラウドサービスに共通するスキルや知識を評価する。一般的なクラウドの概念やクラウドネットワーク、ストレージ、セキュリティ原則などを学びながら、認定資格に備えるとよい。試験問題には選択肢式の問題に加え、画面上で設定やトラブルシューティングを実践するパフォーマンスベーステストが含まれる。

項目 内容
試験費用 369ドル
試験時間 90分
問題数 90問(単一・複数選択式の設問とパフォーマンスベーステスト)
最低合格点 750点

 CompTIAは3年周期で認定資格の出題範囲を見直し、大規模な改訂をしている。2024年夏には、新しいCloud+の試験内容が発表される。試験対策の参考書や問題集は、CompTIAとサードパーティーの学習サービスベンダーの両方が提供している。


 第5回は、事業部門や経営層向けのクラウド認定資格を取り上げる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。