NVMe全盛でも「SAS接続」のHDD、SSDはなぜ使われ続けるのか?新旧ストレージの未来【前編】

「NVMe」も「SAS」も、ストレージ市場で重要な役割を担い続けている。NVMeに対して新しさや性能面で見劣りするSASが、消えずに使われ続けるのはなぜなのか。その利点を探る。

2024年02月08日 08時30分 公開

 SSDなどフラッシュストレージのために開発されたストレージインタフェース「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)がストレージ市場で存在感を示す中、「SAS」(Serial Attached SCSI)で接続するSSDやHDDは今後どうなるのか。

 SAS接続のストレージは、NVMe接続のSSDに比べてデータ転送速度やレイテンシ(遅延時間)の短縮といった性能の面で見劣りするので、今後の市場では生き残れないという意見がある。そうした見方が出てくることは当然だ。だがSASには、「不要になる」とは言い切れない良い一面が幾つもある。

全盛のNVMeに対する「SAS」接続ストレージの良さ

併せて読みたいお薦め記事

HDD、SSDの気になる今後


 SASは、ANSI(米国国家規格協会)の諮問機関であるINCITS(情報技術規格国際委員)の「T10技術委員会」(SCSI技術委員会)が開発したストレージインタフェースであり、さまざまな関連企業が普及を支援してきた。

SASの性能面での特性

 SASはNVMeと比べてデータ転送速度が劣るものの、“ある程度の性能”と拡張性を期待できるストレージインタフェースだ。HDDでは回転数(rpm)によって違いが出るものの、SASは最大12Gbpsのデータ転送速度を提供する。

 SASを使った構成では、多数のストレージで構成する大規模ストレージアレイの構築が可能だ。1つのストレージアレイに、SAS接続のストレージ数十台分のベイ(ハードウェアを収容するための内部空間)を含めることができる。

 ただしハードウェアの制約により、そのストレージアレイの性能が制限される場合がある。例えば汎用(はんよう)インタフェース「PCI Express 5.0」(PCIe 5.0)の16レーン(伝送路)のコントローラーがあるとする。これはSAS接続のストレージ単体のデータ転送速度を大幅に上回るものの、大規模なストレージアレイを構築するとなると、複数のストレージの集合的なデータ転送速度がコントローラー単体のデータ転送速度を上回り、コントローラーが性能面でのボトルネックになる可能性がある。

SASの使いやすさ

 SAS接続のストレージには、「2.5型」と「3.5型」のフォームファクタ(形状や仕様)がある。SSDまたはHDDで利用することが可能だ。

 容量の面でもSAS接続のストレージは選択肢が豊富であるため、さまざまな構成に使うことができる。例えば、SAS接続のストレージを使う場合、以下のような組み合わせ方が可能だ。

  • ホットストレージ層
    • 比較的小容量のSSD。ホットストレージは、最も頻繁に利用するタイプのデータを保存するストレージ。
  • コールドストレージ層
    • データ読み書きが比較的低速でも大容量のHDD。コールドストレージは、最も頻繁に利用しないタイプのデータを保存するストレージ。

 非常に大容量だがデータ読み書きは低速になるHDDを、データを長期保存するアーカイブストレージに活用することもある。

SASの管理しやすさ

 SAS接続のストレージはほとんどの場合、ホットスワップ(稼働中に交換可能なこと)ができるため、故障時の対処がしやすい。電源などの他のコンポーネントも、ホットスワップが可能な場合がある。ストレージベンダーは、ユーザー企業がストレージアレイの設定や容量のプロビジョニング、監視などをするための独自の管理ソフトウェアを提供している。


 後編はNVMeが市場でどのように評価されているのかを踏まえて、NVMeとSASをどのように選択すればいいのかを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...

news059.jpg

カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための...