2019年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

仮想マシンとコンテナの今後を考える それぞれの強みを生かした運用とはコンテナが仮想マシンの立場をなくす?

DockerやKubernetesなど、コンテナ技術の進化に伴い、企業IT部門の仮想マシン(VM)の存在を脅かすエコシステムが台頭している。少なくとも、その重要性が脅かされているのは間違いない。

[Tom Nolle,TechTarget]
画像 コンテナの登場で仮想化分野は大きく変化した

 コンテナ化のさまざまな面が改善されるにつれ、仮想マシン(VM)とコンテナの比較論争は一方的な様相を呈してきた。コンテナには、VMやベアメタルサーバをも時代遅れにする処理能力が備わってきている。

 コンテナは、VMよりも効率が良いという強みがある。VMにはそれぞれ専用のOSが必要な一方で、コンテナはホストOSを共有する。コンテナオーケストレーションやコンテナ運用技術の進歩によって、こうした長所が大幅に強化されている。VMとコンテナの戦いは既に決着しているのだろうか。VMの存在しない未来に向けた計画を立てるべきだろうか。

コンテナとVMの長所

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。