2019年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

仮想マシンとコンテナの今後を考える それぞれの強みを生かした運用とはコンテナが仮想マシンの立場をなくす?

DockerやKubernetesなど、コンテナ技術の進化に伴い、企業IT部門の仮想マシン(VM)の存在を脅かすエコシステムが台頭している。少なくとも、その重要性が脅かされているのは間違いない。

[Tom Nolle,TechTarget]
画像 コンテナの登場で仮想化分野は大きく変化した

 コンテナ化のさまざまな面が改善されるにつれ、仮想マシン(VM)とコンテナの比較論争は一方的な様相を呈してきた。コンテナには、VMやベアメタルサーバをも時代遅れにする処理能力が備わってきている。

 コンテナは、VMよりも効率が良いという強みがある。VMにはそれぞれ専用のOSが必要な一方で、コンテナはホストOSを共有する。コンテナオーケストレーションやコンテナ運用技術の進歩によって、こうした長所が大幅に強化されている。VMとコンテナの戦いは既に決着しているのだろうか。VMの存在しない未来に向けた計画を立てるべきだろうか。

コンテナとVMの長所

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...