Linux初心者がまず知っておくべき「RHEL」「SLES」の違いとは?RHELとSLESの違い【後編】

Red Hatの「RHEL」とSUSEの「SLES」は、どちらも代表的なLinux向けディストリビューションだ。これからLinuxを学ぶ人は、両者の違いを幾つか押さえておく必要がある。まず学ぶべき点とは。

2024年06月18日 08時00分 公開
[Damon GarnTechTarget]

関連キーワード

Linux | Red Hat Enterprise Linux | SUSE | OS


 Red Hatが提供する「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と、SUSEが提供する「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)は、いずれも企業向けの「Linux」ディストリビューション(配布パッケージ)として代表的な存在だ。これからLinuxを始める人は、両者にどのような違いがあり、まず何を学ぶべきなのかを知っておいた方がよい。

Linux初心者が学ぶべき「RHEL」「SLES」の違いとは?

 Linuxを学ぶ過程は、時には難解だ。コマンドラインインタフェースやスクリプト(簡易プログラム)を使ってLinuxを管理するのであれば、多様なコマンドと独特の構文を習熟しなければならない。

 パッケージ管理ツールなど一部の周辺ツールは、ベンダーないしディストリビューション固有だ。Red HatとSUSEは自社のLinuxディストリビューション用に、システム管理ツールや構成管理ツール、集中監視ツールを提供している。それぞれのLinuxディストリビューションには、クラウドサービス版とオンプレミス版がある。各周辺ツールとシステム形態に専用のコマンドが存在するため、Linux管理者はベンダーないしディストリビューションごとのツールやコマンドの使い方を学ぶことが必要だ。

 Linuxディストリビューションを選ぶことは、そのLinuxディストリビューションで最も効果的な投資を実現するためのサービスを選ぶことを意味する。トレーニングは、パフォーマンスやセキュリティ、スケーラビリティ、費用対効果を実現する重要な要素だ。

どちらを選ぶべきなのか

 RHELとSLESを選ぶ際には、Linuxディストリビューションだけではなく、その他の要素も考慮する必要がある。サポートサービスや管理ツール、自動化サービス、クラウドサービスとの連携性、従業員トレーニングのオプションに注目するとよい。

 従業員の熟練度も重要な考慮点だ。例えば複数のLinuxディストリビューションを使ってきたところから、1つのLinuxディストリビューションに統一するケースを考えてみよう。もしIT管理者が、既に特定のLinuxディストリビューションとその関連ツールに慣れているのであれば、そのLinuxディストリビューションを採用することは合理的だ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...