CentOS後継争い「Rocky Linux」対「AlmaLinux」の勝負は“あれ”で決まるLinuxディストリビューションの選択肢【後編】

Red Hatが「CentOS Linux」を廃止したことで、企業は「RHEL」の代わりとして利用できる安定したディストリビューションを探すことになった。「Rocky Linux」「AlmaLinux」のどちらが選ばれるのか。

2024年03月19日 08時00分 公開
[Jack WallenTechTarget]

 「CentOS Linux」は、Red Hat(2019年にIBMが買収)が提供するOS「Linux」のディストリビューション(配布パッケージ)「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無償版だ。Red HatがCentOS Linuxを廃止する方針を定めたとき、CentOS Linuxユーザーは衝撃を受けた。

 CentOS Linuxの代わりとしてRed Hatが打ち出した「CentOS Stream」は、安定性に欠けるリリース方式を採用しているため、本番環境での利用には不安が残ると考える企業もある。そうした企業にとって有力な移行先になるのが、CentOS Linux廃止宣言後に誕生した2つの新しいディストリビューション「Rocky Linux」と「AlmaLinux」だ。両者の共通点と違いを基に、どちらが選ばれるのかをまとめる。

「Rocky Linux」対「AlmaLinux」の勝敗はこれで決まる

 以下の点において、Rocky LinuxとAlmaLinuxは似ている。

  • 企業の本番環境での運用をターゲットにしている
  • 約8〜10年のサポート期間がある
  • 定期的なアップデートがある
  • パッケージ管理システムとして「RPM Package Manager」(RPM)と「Dandified Yum」(DNF)を使用する
  • RHELと同じ方法でアプリケーションを管理する
  • 同じセキュリティ機能を使用する
    • ファイアウォール管理機能「firewalld」
    • パケットフィルタリング機能「iptables」
    • セキュリティモジュール「SELinux」
  • ハードウェアのアーキテクチャに共通点がある
    • x86_64
    • AArch64
    • ppc64le
    • s390x
  • 以下のデフォルトリポジトリ(保管場所)がある
    • OSのコアソフトウェアパッケージを含む「BaseOS」
    • 追加のアプリケーションやプログラミング言語、データベースを含む「AppStream」
    • その他、RHELでは利用できないパッケージを含むリポジトリ
  • GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)でインストールする場合、デスクトップ環境「GNOME」(GNU Network Object Model Environment)を用いる
  • Webサーバやデータベースサーバなど、企業での用途が似ている

Rocky LinuxとAlmaLinuxが違う点

 Rocky LinuxとAlmaLinuxが違う1つ目の点はセキュリティだ。どちらもOSを安全に起動するためのセキュアブート機能、アクセス制御を強化するSELinuxなどの機能を有する。一方でAlmaLinuxは、安全なシステムを構築するための指標「CIS Benchmarks」に重点を置いている。

 2つ目の違いは資金調達方法が異なることだ。この点は、企業がどちらのディストリビューションを選ぶのかの決め手になり得る。

 Rocky Linuxはコミュニティー主導型だ。2022年、Rocky Linuxの開発を手掛けるCtrl IQ(CIQの名称で事業展開)は2600万ドルの資金を調達した。CIQは2020年設立の企業であり、こうした新興企業との取引を望まない企業にとっては、Rocky Linuxの採用を見送る理由になり得る。

 ただし新興企業が関わっていることは、Rocky Linuxの価値を下げる理由にはならない。CIQは新興企業ながら急成長を遂げ、IT業界では一定の評判を得ている。CIQの創設者兼CEOであるグレゴリー・クルツァー氏は、CentOS LinuxとRocky Linuxの開発者だ。「CentOS Linuxが取り込んだ相当数のファンがいるので、Rocky Linuxのコミュニティーは成長し続けるはずだ」とクルツァー氏は展望する。CentOS Linuxの改善に専念してきた同氏の実績を見れば、同氏がLinuxコミュニティーにどれほど貢献しているのかを感じることができる。

 AlmaLinuxは、非営利団体AlmaLinux OS Foundationが開発と運営を担っている。商用Linuxディストリビューションを扱うCloudLinux、WebツールベンダーWebPros Investments、Webホスティング企業BlackHOSTといったスポンサー企業の出資が、AlmaLinuxを支えている。


 Rocky LinuxとAlmaLinuxは、どちらもCentOSやRHELの代替になり得る。迷っているのであれば、両方をダウンロードしてインストールし、どちらが自社のニーズに合うのかを試してみるとよい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。