CentOS後継として「Rocky Linux」と「AlmaLinux」が人気な訳Linuxディストリビューションの選択肢【前編】

「Rocky Linux」と「AlmaLinux」は、Red Hatが「CentOS Linux」の廃止を発表した後に誕生したディストリビューションだ。CentOS Linuxの後継として選ばれるRocky LinuxとAlmaLinuxにはどのような特徴があるのか。

2024年03月12日 08時15分 公開
[Jack WallenTechTarget]

 Red Hatは、OS「Linux」のディストリビューション(配布パッケージ)を提供する「CentOS」プロジェクトを通じて、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無償版である「CentOS Linux」を提供してきた。ところがIBMが2019年にRed Hatを買収した後、IBMはCentOS Linuxを廃止する方針を発表し、代わりとなる「CentOS Stream」を打ち出した。この事実は、「Linux」を活用していた企業に衝撃を与えた。

 CentOS Streamは、小さな更新を小まめに提供する「ローリングリリース」方式を採用している。この方式はアップデートの公開スケジュールが固定されていないため、信頼性の観点から見ると理想的だとは言えない。IBMがCentOS Linuxの廃止を宣言した直後、「Rocky Linux」と「AlmaLinux」という、2つの新しいディストリビューションが誕生した。両者の共通点や違い、CentOS Linuxにとってどのような存在なのかを見ていこう。

「Rocky Linux」と「AlmaLinux」がなぜ“CentOSの後継”になるのか

 Rocky LinuxとAlmaLinuxは、CentOS Linuxユーザーの間で人気となっている。Rocky LinuxとAlmaLinuxは同じような用途で使用されており、利用可能なハードウェアアーキテクチャも共通している。それと同時に、違う点もある。2023年6月、Red HatはRHELのソースコードを非公開にすることを決定した。この影響を受けて、Rocky LinuxとAlmaLinuxはRHELとの完全な互換性を保つことが難しくなり、互換性を維持するために異なる道を歩み始めた。Rocky Linuxで動作するプログラムは、RHELでも同じように動作する(バイナリ互換)。これに対してAlmaLinuxは、ソフトウェアとOS間のインタフェースである「アプリケーションバイナリインタフェース」(ABI)において、RHELと互換性がある。

Rocky Linuxが選んだ道

 グレゴリー・クルツァー氏はCentOS LinuxとRocky Linuxの開発者だ。CentOS Linuxから始まったクルツァー氏の目標は、「RHELとの完全なバイナリ互換性を持つ無償のLinuxディストリビューションを作ること」だった。その目標を達成するため、同氏はCentOS Linuxの後継としてRocky Linuxを開発した。Rocky Linuxは、パブリッククラウドのインスタンスや、Universal Base Images(UBI)形式のコンテナイメージを用いて、RHELとの互換性を維持している。UBIは、Red Hatが提供するコンテナイメージの形式を指す。

AlmaLinuxが選んだ道

 AlmaLinuxは、商用Linuxディストリビューションを手掛けるCloudLinuxが開発し、その後AlmaLinux OS Foundationが開発・管理を引き継いだオープンソースのディストリビューションだ。コミュニティー主導で、主に企業で用いるLinuxディストリビューションという位置付けだ。

 Rocky Linuxと同様、AlmaLinuxの当初の目標は、RHELとの完全なバイナリ互換性を保つことだった。しかしRed HatがRHELのソースコードを非公開にする方針を定めたことを受けて、AlmaLinuxはRHELとのバイナリ互換性を保つという目標を取り下げた。その代わりに選択したのが、ABIによるRHELとの互換性の維持だ。この目標を達成するためにAlmaLinuxは、Red Hatが公開しているCentOS Streamのソースコードを使用している。


 次回は、Rocky LinuxとAlmaLinuxの類似点と相違点を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。