2020年07月20日 05時00分 公開
特集/連載

DevOpsチームが「在宅勤務」よりも「出社」を選びたくなる切実な理由DevOpsとテレワークの関係【前編】

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークを余儀なくされたDevOpsチームは、仕事のスケジュールにも悪影響が出る恐れがある。その原因は、DevOpsチームの働き方や業務の性質にあるという。どういうことなのか。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

開発プロセス | 運用管理


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界経済に大打撃を与えている。それに伴い在宅勤務などのテレワークの実践、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保などが求められる中、アプリケーションの開発とITインフラの運用の両方を担当する「DevOps」チームはそれらを考慮に入れて業務をしなければならない。

 企業はこれまで、さまざまな災害を想定して対策を施してきた。ただしこうした対策の中心は、ある拠点が使えなくなることを想定した対策だ。「『誰も出社できなくなる場合』の対策は十分に考えられてこなかった」と、調査会社Amalgam Insightsでアナリストを務めるトム・ペトロチェッリ氏は話す。

テレワークがDevOpsチームの仕事を遅らせる?

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。