DevOpsチームが「在宅勤務」よりも「出社」を選びたくなる切実な理由DevOpsとテレワークの関係【前編】

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークを余儀なくされたDevOpsチームは、仕事のスケジュールにも悪影響が出る恐れがある。その原因は、DevOpsチームの働き方や業務の性質にあるという。どういうことなのか。

2020年07月20日 05時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

関連キーワード

開発プロセス | 運用管理


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界経済に大打撃を与えている。それに伴い在宅勤務などのテレワークの実践、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保などが求められる中、アプリケーションの開発とITインフラの運用の両方を担当する「DevOps」チームはそれらを考慮に入れて業務をしなければならない。

テレワークがDevOpsチームの仕事を遅らせる?

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...