2019年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

紛らわしい5つの用語の意味を整理「DevOps」「NetOps」「SecOps」「DevSecOps」「NetSecOps」の違いとは?

よく似たIT用語である「DevOps」「NetOps」「SecOps」「DevSecOps」「NetSecOps」は、それぞれどのような意味なのだろうか。それぞれの関係性を踏まえて、各用語の意味を簡潔に紹介する。

[Alissa Irei,TechTarget]

関連キーワード

DevOps


画像

 「DevOps」(開発と運用の融合)という言葉が広がり始めたのは2008年ごろのことになる。理想主義を掲げるIT担当者が、「開発や運用、品質管理の各チームが近い将来、平等に調和して働き、アプリケーションやサービスをシームレスかつ継続的に作成、検証、保護、配信、反復、保守するようになる」と思い描いたことが発端だ。

 それから10年以上が経過した。DevOpsの取り組みをうまく進めている企業は、今でもそれほど多くない。調査会社Gartnerでアナリストを務めるアンドリュー・ラーナー氏によると、IT部門のリーダーはDevOpsの成功を妨げる最大の障害として、インフラの応答が遅く、変化に即応できないことを挙げているという。

 理屈としては、DevOpsの「Ops」に当たるIT運用にはネットワークも含まれる。だがDevOpsのフェイルファースト(早めに失敗する)の反復的なアプローチと、ネットワーク担当者の優先事項は相反する。ネットワーク担当者の使命は、リスクを最小限に抑え、稼働時間を最大限に引き延ばすことだ。そのためネットワーク担当者は昔から、速度や革新よりも変更管理を優先してきた。結果としてDevOpsは、ネットワークが大きく関わることなく成熟してきた。

 ロードバランサーベンダーF5 Networksが最近、DevOpsに関する調査をした。この調査によると、幻滅を感じたIT担当者が次のように意見を述べたという。「アプリケーションの開発者は、ネットワークやセキュリティについて考えない。開発時にセキュリティが意識されるのはほんのわずかだし、運用が変わったことをネットワーク担当者が把握するのは開発が終わった後だ」

 現在の企業は、アプリケーションを迅速かつ頻繁にリリースすることを最も重視する。そのため、もっと包括的なアプローチが必要になる。

NetOpsとDevOpsの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

10連休は売り上げにどう影響した? カタリナマーケティングジャパンがゴールデンウイークの店舗購買動向を調査
初の10連休となった2019年のゴールデンウイークにおける購買行動傾向を実購買データから...

news013.jpg

デジタルマーケティングとコンタクトセンターの融合、UTグループとエス・エム・エスの担当者が語る
コンタクトセンターはデジタルマーケティングのプロセスとどう連携すべきか。UTグループ...

news047.jpg

ブレインパッドが拡張分析ツール「BrainPad VizTact」を発売
機械学習で人の気付きを拡張し、自然言語処理で分析結果を人の主観に左右されないものに。