2019年01月18日 05時00分 公開
特集/連載

Google StackdriverやAWS CodeDeployはどう役に立つのかDevOpsを実現する4つのAと最新サービス管理ツール

クラウド時代のITサービス提供プロセスでは、DevOpsという言葉が頻繁に使われる。DevOpsを実践し、最新の要件に合わせたサービス管理に必要な「4つのA」とツールとは

[Kurt Marko,TechTarget]
photo

 ITプロフェッショナルの間ではDevOpsという用語が頻繁に使われる。この用語は、アジャイルなアプリケーションと仮想インフラが主流になった時代の、運用上の問題を全て解決する魔法の言葉のように使われている。開発者とIT部門を1つにまとめてコードと自動化のツールを幾つか追加すれば、IT部門がクラウドネイティブなスタートアップ企業と変わらない効率で運用できるようになるという論旨だ。

 この理想的な考え方を現実にしようとすると、大きな壁にぶつかる。社内のサイロや部門横断型の協業文化を払拭する他にも、最新サービス管理に向けてやるべきことがたくさんある。

 自律型のプロジェクトチームをサポートし、プロセスや構成を標準化することは賢明な方法だ。それは以下に示すポイントを具体的な活動に当てはめなければ意味がない。最新のシステム管理には、以下の多岐にわたるポイントを具体的な活動につなげることが必要だ

 最新サービス管理には、クラウド時代におけるITサービス提供プロセスに欠かせない次の要素が含まれている。

  • ビジネス要件の変化への迅速な対応
  • オンプレミスのデータセンターとサードパーティーのクラウドサービス(IaaSとSaaSの両方)との橋渡しをするハイブリッドIT環境の調整
  • インフラ(サーバ、ストレージ、ネットワーク)、アプリケーション、アセットなど、複数のリソースの組み込み
  • IT運用、ヘルプデスク、セキュリティなど、複数のサブプロセスの関与

 アジャイルな自動管理プロセスは、インフラとアプリケーションとの間に強い依存関係を生み出す。これに対処するのが、DevOpsのプラクティスだ。

現代のシステム管理の原則とは

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...